Out of the groove

私の青春時代に流行ったMadonnaの”Into the Groove”という歌がある。Grooveは「溝」だからそこにハマると “Get into the groove ♪~”とノリノリになるという意味になる。
Into The Groove by Juan Schmidl
それとは全く関係無い話だけど2週間前久しぶりにIyengar Yogaのクラスを受けに行き、いつもと同じようなポーズしかしていないのに次の日すごい筋肉痛になった。Iyengar Yogaは今年の8月に95歳で亡くなったB.K.S. Iyengarが創始者であり、一般的に「アライメント(ヨガポーズをプラクティスするときの体の動かし方)がすごく細かいヨガ」とされている。

私はIyengar Yogaはあまり受けないが、Teacher Trainingを受けたYogaworksではこのIyengar Yogaをトレーニングに取り入れているからアライメントが細かい。

足指をある方向に向けたり、腕を外向きにまわしたり、尾てい骨を下ろしたり、と細かいinstructionはいくつもあり、私はそういうinstructionを聞きながらクラスを受けるし教えときも細かいアライメントを教えている。

だから2年半前にPaul GrilleyのYin Yoga Teacher Trainingを受けたとき、先生が「人間の体はそれぞれ特徴があり、体が固いとされている人は実は生まれつき骨の向きや形が原因だったりして決して筋肉が固いわけではなかったりする」「アライメントは誰にでも通用するものじゃないから良くない」というようなことを言われたときには「ガガガガ〜〜〜〜〜ン」となり、真剣に数日落ち込んだ。

自分が今まで教えていた方法が間違っていたのかと思い、その先どうやって教えていけばいいのか先が暗くなったような気持ちだった。でもそのおかげで今ではアライメントを教えながらもそれを強制せず、体の反応を感じることを忘れないようにバランスをとった方法で教えているつもり。

私が何故今でもアライメントを教えたい!と思う理由がMadonnaの歌につながる(?)かというと、ただ自分の好きなように、溝にハマったかのように同じように体を動かしていたら筋肉痛にはならない。

歩いたり歯を磨いたりするときだって多分毎回同じような動き方をしていると思う。ある意味「クセ」となっている動き方なのだ。

だからASANA(ヨガポーズ)だって一緒で何度も繰り返していると「クセ」的な動きになってしまうことがあるから細かいアライメントがあるとGROOVE「溝」から外れることができる。

人間の考えや感情も一緒で「クセ」になっていることが多い。怒るのがクセになってしまっていたり、落ち込むのがクセになってしまっていたり。。。

私の場合は「心配」がクセになっていた。人が何を考えているのか心配したり、先のことを心配したり、病気になれば心配したり。。。これもGROOVE「溝」にハマってしまっているのと一緒だから少しずつ努力をすればASANAのアライメントと一緒で少しずつ使っていなかった筋肉が強くなり、溝から外れることができる。

溝から少ししか外れなかったらまた溝にハマりやすいけど、努力をつづけていれば溝からの距離も遠くなり楽になるのでは。。。と思って日々努力している。

楽器を弾いたり、踊ったり、走ったり、とGet into the groove ♪するときが楽しく気持ち良いときもあるけど、たまにはGet out of the groove する努力も必要なのだ。

 

 

Advertisements

Endless感謝

今週は国民休日の少ないアメリカでは貴重な4連休。Thanksgivingになると「ついにHoliday Seasonが始まり今年も残りわずか」という気持ちになる。

1週間前にはすぐ近くの公園でやっているFarmer’s Marketに行くとTurmeric(ウコン)を売っているおじさんがいたから初めて買ってみた。そのターメリックを生姜と一緒に擦り、同じくFarmer’s Marketで買った蜂蜜をお湯に溶かし、私のクラスにくるおばさまがくれたレモンの汁を少し足し、温めたalmond milkを加えラテみたいにしたらすっごく美味しかった!!

IMG_1638

その夜にちょうどHiroが風邪になったからタイミングが素晴らしく何度もこの生姜ターメリック湯を作り、「それのおかげで風邪薬を飲まずに治ったんじゃない?」と言っていた。

私もすごく気に入ってしまったからまた数日後にはFarmer’s Marketまで天気の良い日にカートを引きながら歩き、生姜とターメリックを買い、このシンプルなmomentにすごく感謝の気持ちを感じた。

IMG_0496

Thanksgiving Dayの朝にはYogaworksに教えに行き、すっかり元気になったHiroもクラスを受けに来た。こうやってThanksgiving Dayの朝に集まったみんなで感謝の気持ちを体の隅々まで感じるようにしながらYogaをプラクティスし、それを教えることができることに深く感謝した。

Thanksgivingには毎年私たちの「アメリカの両親」と呼ぶほど良くしていくれている夫婦の家にご飯を食べに行っている。Hiroの弟もここから運転して5時間くらいの所から来てくれたから3人で行く予定にしていたら。。。

クラスを教えて帰ってきてから体調が悪くなり、Hiroの症状と同じ風邪になり、Hiroが作ってくれた生姜ターメリック湯を飲みながらベッドで寝込むというThanksgivingとなった。健康に感謝!!!!

 

MYユニフォーム

今週は既にThanksgiving Week!!

前はThanksgivingが終わってからクリスマスデコレーションだったのに、今や11月中旬からクリスマスの雰囲気作りがされていてなんか焦らされているような気がする。。。

「焦る」と言えば、私はあと12日で日本へ出発!!いっつも最後の最後にパッキングを始めたりして慌てるので今回はもう少し余裕を持って準備をしたいと思い、今日から本格的にお買い物や持って行くものをまとめる予定。

冬に日本行くときはいつも洋服に困る。クローゼットの中はヨガ ウェアが増えるだけで冬の日本で着るような洋服はあまり無い。。。IMG_1634

ヨガを教えて初めての所得申告のとき、TAXおじさんに「ヨガウェアはあなたのユニフォームだよ。だって仕事以外では着ないでしょ?」と言われ思わず笑いそうになったのを覚えている。

何故なら私はヨガを教えたりプラクティスするとき以外も常に「ユニフォーム」を着ているのだ。

たまに外でご飯を食べるから出かけようとするとHiroが「。。。着替えないの?」と聞いてくる。私はあまりファッションとかオシャレに興味が無く、comfortableで自分が好きな格好がいいと思っているのでついついどこでも「ユニフォーム」で出かけたくなってしまう。

しかし伸び縮みするヨガパンツばかり着ていて、たまに久しく着ていなかったジーンズを着たりすると「ん?」と前よりもジーンズのフィット感がアップしていることがある。。。というわけでたまには get out of your comfort zone and comfortable pants!! という教訓でした 🙂

life-begins-at-the-end-of-your-comfort-zone-quote-1

早起きストレッチは三文の得

私は週に4回早朝クラスを教えている。早寝がなかなかできないから正直早起きが辛いときがたくさんある。特に朝が暗くて寒い季節になると更に辛い。でもちょうどこれくらいの季節になると私が教えに行く時間の朝焼けがと〜っても美しく、早起きして得したような気分になる。

IMG_4291

いつも出かける時間の1時間以上前に起きる!とやる気満々な気持ちで目覚ましをかけるんだけどSNOOZEボタンの連打で結局優雅にYOGAをプラクティスせずに出かけることが多々ある。でも数分だけでもプラクティスし静かな時間を持つだけで全然体も気分も違う。

ストレッチする時間があったら眠る!と思うからもしれないけど朝のストレッチ効果はとされている。

うちのリタちゃんはもうすぐ23歳のおばあちゃんだからあまりしなくなったけど、猫でも犬でも朝起きると必ず気持ち良さそう〜にストレッチをしている。それはとってもナチュラルなことで、きっと私たちが忘れてしまっている animal instinct だと思う。だって一晩眠っている間にじっと同じ姿勢で、体の片側だけ短くなっていたり、頭が変な角度になっていたり、背中を丸くしていたりする。

そのまま準備をして出かけ、一日コンピュータの前で仕事したりしていたら体がなまったままになってしまうような気がする。その代わりたったの2〜3分かけてでもストレッチしたり、体を動かすだけで血の循環が良くるから体があたたまるし目が覚めるから気持ち良く一日をスタートすることができる可能性

朝起きて「ふわぁ〜」とあくびをしながら自分が気持ち良いまま自由に動いたっていいと思うし、ラジオ体操でもいい。でも今日は簡単で手軽に動けるHalf Sun Salutationを紹介する。太陽礼拝は呼吸と共に動くものだから、まずは立った状態で呼吸を気持ち良い程度に深くし、そのリズムに合わせて動くのを楽しむようにして是非TRYしてみて下さい。

1. 起きたままの格好で、両足を腰幅くらいに広げてグッと床を踏み込みながら息を吸うと共に両腕を横から上げる。

IMG_1613
Urdhva Hastasana

 

2. 息を吐くと共にプールにdiveするような感じで腕を横に広げながら前屈する。(背骨が曲がりすぎないようにいくらでもヒザをまげていい)

Uttanasana (足真っすぐの前屈)
Uttanasana (足真っすぐの前屈)
IMG_1615
Uttanasana (ヒザを曲げ手の位置を高くした前屈)

 

3. 息を吸いながら上半身を半分だけ起こし、胸を前に伸ばすような気持ちで背骨を長くする。3枚目の写真みたいに背骨が曲がってしまう場合はいくらでもヒザを曲げていいし、手の位置を高くする。

IMG_1617
Ardha Uttanasana (足真っすぐで手の指先を床につけて上半身を半分起こした状態)
IMG_1619
Ardha Uttanasana (背骨を長くするためにいくらでもヒザを曲げたり手の位置を高くしていい)
IMG_1620
このように背骨が丸くならないようにする

 

4. 息を吐くと共にもう一度前屈。

IMG_1614 IMG_1615

5. 息を吸いながら両腕を横から上にあげ、

IMG_1613

6. 息を吐きながら手のひらを胸の前で合わせ、これ以上繰り返さないのであれば呼吸だけを感じる時間を最後にも持つ。

IMG_1621

これを3〜5回繰り返すのにきっと大して時間はかからない。どういう風に体や気分が変わるか試してみよう!

 

 

 

 

私待つわ

ここ1週間くらい曇り空と肌寒いような日が つづいていたけど今日は朝から晴天。昨日は遠出したからかHiroが今日は近場でサーフィンするというから一緒に行った。

最初にこっちでHiroに会った頃は私もサーフィンをやってみたくて一緒に入っていたんだけど少しずつfade outし、ここ数年は一切入っていない。海水が暖かくて人がいなくて波が大きすぎず小さすぎないような場所だったら是非またトライしてみたいと思う。

でもサーフィンしなくても一緒についていってノンビリ待つのは大好き。待つ側としても「〜に行くよ」と言われて一緒についていきたい場所とそうでもないところがある。やっぱり車の音とかしなくて景色もきれいなところが待ってて気持ち良い。

今日行ったうちの近くの場所は車を停めてからミニハイキングみたいな感じで丘を下りて行き、人は少ないし景色が最高で大のお気に入り。椅子に座っておやつを食べながらティー飲んで本を読み、「Hiroはどこかなぁ」と探しながら待つのが大好きな時間。2時間くらいアッという間に過ぎてしまう。

IMG_1552

今日もパッと見上げたらもうHiroが満足そうな表情で出てきていた。かなり楽しんだらしい。しかしおじさんに “I didn’t come here to watch you surf” と文句を言われたらしい。Hiroは昔の3秒切れ番長時代と違うから別にそれで終わった。

私はナイーブなのか海に入っていた頃から「なんでこんなに気持ち良い場所で気持ち良いことしていて気分悪くなるようなことしたり言ったりするのだろう?」と不思議に思う。でも確かなのはネガティブVIBEを出されてもそれを吸収して自分までネガティブになる必要はないということ。こんな気持ち良い日にもったいない!

IMG_1559

お薦めRelaxingアルバム

毎週日曜日の夕方にはWestwoodにあるYogaworksで陰ヨガを教えている。このクラスを定期的に受けにくる年配の女性が先週CDをくれて「ずっとあげようと思っていたのに今日になってしまった」と言うから「昨日が私の誕生日だったからperfect timingだよ!」と喜んで受け取った。

帰ってこれを聞いてみるとすんごく良い曲ばかりで陰ヨガをプラクティスするとき、ただリラックスしたいときなどに最高のCDですごく気に入ってしまった。全ての曲が良いけど特に気に入っているのは2曲目のギターinstrumentalでQuentin Dujardinの「1977」というタイトルのもの。

お薦め!

Putumayo Presents WORLD YOGA

癒されるポーズ

今日は昔私のクラスに来ていた生徒のviewing (日本で言うお通夜みたいなもの?)に行って来た。私が教えているYogaworksというスタジオに来ていた女性で、先週脳卒中で突然亡くなってしまった。いざMortuaryに着くとたくさん人がいてガヤガヤお話しているなかviewingの部屋に入るとほとんど誰もいなく、たくさんのお花に囲まれた棺と彼女の小さい時から現在までのスライドショーが流れていた。

私は椅子にぽつんと座り、家族や友人と彼女が楽しそうにしている写真たちを見ているとスライドショーはたったの2分くらいで終わってしまった。もちろん彼女の人生は61年という思い出がたくさん詰まった人生だったのだろうけど、終わってしまえばアッという間のように感じるんだろうなぁと思った。だからこそ何でもないようなmomentsを大切にしようと改めて思った。

私が棺の横にいるとダンナさまらしき男性が部屋に入って来たから「私のヨガクラスに来ていた」と言うと「そのあともずっとジムでヨガをつづけ、家で複雑なポーズを見せてくれてたんだよ」と話してくれた。彼女のspiritはきっとあの部屋で私たちの会話を聞いていたと思う。

30083edc45ff6f9d02928830571b24b8

帰ってから癒されるポーズがしたく、夜寝る前にSageを炊き、Supta Baddha Konasana (Reclined Bound-Angle Pose)で休んだ。体の前面が軽く開くことによって開放感があると共に肩の力を抜くことができ、ヒザを左右に開くことによって骨盤や足の付け根までエネルギーの循環が良くなるような感覚がする。何個か必要なpropsがあるけど、このポーズはめんどくさがらず出来るだけcomfortableにしてから休む甲斐が絶対ある。

まず、bolsterかちょっとしっかりしたクッションのようなものに上半身を休める。私はyoga blockをひとつ一番低い高さでbolsterが少し傾き、頭が少し上がるようにしている。Blockが無ければ本とかを使えばいい。横たわったときにアゴが額より軽く低い位置になるように。もしアゴが上がってしまうのであればブランケットかタオルで枕をつくる。

両足のひざを曲げて左右に広げ、roll upしたブランケットに休める。高さはひざをブランケットに休めてもヒザに痛みが無く、inner thighs (内もも)のストレッチがきつくないようにする。

両腕は横にだらんとさせ、肩や胸の力を抜くことができる位置にする。私はforearms (ヒジから手まで)をブランケットの上に休めたほうが気持ちがいいのでそうしている。試してみる価値あり。

もしあればeye pillowを目の上に置き、タイマーをつけて5分でも自分の呼吸のリズムを感じながらリラックスする。お腹のあたりがspaciousになるから内臓までリラックスできるような感覚がする。じっとしているのが難しかったらrelaxingな曲でもかけて1曲だけでも休み、重力に完全に身をゆだねるようにして自分を癒す時間を楽しむ。絶対試してみて下さい。

IMG_1528 IMG_1536

 

 

 

後悔先に立つ

最初のブログpostに書いた通り私は小さいときにアメリカ → 日本 → オーストラリア → 日本 → アメリカと行ったり来たりしたので、6歳でアメリカに戻って来たときには頭の中が少し confused でまた英語が話せるようになるまで少し時間がかかった。

そのときに私たちが通っていたトーランス市の Towers Elementary School はほとんどアジア人がいなくて、特にいじめられたりはしなかったけど何回か “Jap!” と呼ばれたことはあった。本当なら休みの土曜日には日本人学校に行かなきゃいけないのがまたすごく嫌で、日本語の勉強など一切しなかった。わざわざ日本語の家庭教師までつけてくれたのにそれでもほとんど勉強した記憶はない。多分「周りと違う」というのが嫌だから自分が日本人だということをなるべく意識しないようにしていたんだろうと思う。

やっと英語も話せるようになって、学校にも慣れた頃に同じクラスに日本から男の子が転校してきた。英語が全然分からないから先生が私に訳してほしいと頼んできた。私はじっと一切反応せず何も言わなかった。先生は私が皆の前で恥ずかしいから話さないんだと思い、私たち2人をクラスの外に一回出した。何分外にいたのか知らないけどその間私はその男の子の目も見ず、一言も話さなかった。。。というこの思い出が何故かたま〜に私の脳みそを横切り、「ひどいことしたなぁ」とその子が不安な気持ちのときに助けてあげなかったことを後悔していた。

それとは別に、この前大きいタオル類を洗うためにコインランドリーに行き、座って本を読みながら待っていた。そしたら日本人夫婦が乾燥機の使い方が分からずとまどっているから教えてあげた。小さなことでも人を手助けできるというのは気分が良い。

その時AHA moment (あ〜なるほど!と思う瞬間)だったのは、後悔っていうのは過去を思い出しては嫌な気持ちになるためのものではなく、この先似たようなことがあった時にはもっと良い判断ができるためのレッスンなんだな、と思った。Be wiser to make a better decision.

人間が感じる色んな感情はphysical bodyにも反応がある。「後悔」を体で感じると私は胸とお腹がきゅ〜っと絞られ、背中を丸めたくなるような反応がある。これを何度も繰り返し感じていたらその感触が permanentになってしまう。 だから自分のphysical healthのためにも絶対この方がいいと思う。

img170
6歳のときに引っ越した家の前でおばあちゃんが送ってきてくれた浴衣を着る姉妹と父

 

お尻のストレッチが必要なのでは?

うちの近所にBillというとっってもお喋り好きな親切おじさんがいる。私が散歩でもしている時にバッタリ会うと長〜いストーリーが始まる。。。この前も話を聞いていると自分の家をリモデルしていて詳しくどの部屋をどう変えているか教えてくれ、「バスルームはもう足をあまり高く上げることが出来ず、お風呂の出入りができなくなったからシャワーだけにした」と言う。

こういう話を聞くとどうしても私は「ヨガをプラクティスしていれば。。。」と思ってしまう。お年寄りが足をシャッフルするように歩いていたり、背中が丸まっているような人を見ると同じく「もしかして若いときからヨガをプラクティスしていれば。。。」と思い、TINMANのような体になってしまっている人の気持ちを思うと胸が痛む。

1927308b35a0921a9c21c43a6facf637_original

年を取るにつれ体が固くなるのは当たり前と思いがちだけど、若いときから定期的に努力していればカチンカチンにならないと思う。実際70代半ばのヨガティーチャーで私でも出来ないようなヨガポーズをする人がいるし、姿勢がとても良いからとても70代には見えない。

体がすこ〜しずつ固くなっていくのを防ぐためにはストレッチをすこ〜しずつpatientにプラクティスしていくのが大切だと思う。今日ストレッチしたから明日効果が出るわけじゃないかもしれない。でも定期的に長期でプラクティスしている10年後の自分と何もしなかった10年後の自分では絶対に大きな違いがあるはず。

というわけで今日紹介したいのは壁を使ってHIPS (お尻の辺り) をストレッチするポーズ。(thread the needle using the wall)

お尻ってなかなか人にマッサージしてもらったりする場所じゃないけど実はすっごく力が入っていたり、筋肉が tight になっていて腰やヒザなど他の体の部位に影響を与えている可能性もある。私も大体ほぼ毎日のようにHIP stretchをしているけど、ここは何故か常にストレッチのしがいがある。

まず壁の近くで仰向けになり、ヒザを曲げて両足裏を壁につける。この時お尻が床から離れてしまうようだったらズリズリと少し壁から離れる。

左足裏は壁につけておいたまま右足を壁から離し、右足首の外側 (小指側) を左のヒザの上 (太もも) にかける。私はくるぶしにあるコリコリした骨が足に当たると痛いからコリコリが左足のちょっと外にくるようにしている。

IMG_1511

この状態で既に右のお尻あたりにストレッチを感じるかも。もしストレッチがきつすぎて「痛い」という感触があったら上半身をもっと壁から離す。

逆にあまりストレッチを感じないのであればお尻を壁に近づけたり、壁につけている左足をもう少し下げてみたりしてちょうどいいストレッチを探す。もう少しストレッチを深める方法は右の太ももを上半身から離すような感じで壁のほうに近づけることもできる。

IMG_1509

注意してほしいのは、このストレッチはお尻や足の付け根あたりに感じてほしいもので、絶対にヒザに痛みがないようにすること。

これと同じストレッチで腕を使う方法もあるんだけど、このように壁を使うと上半身を使う必要がないので肩、腕、胸、などをリラッ〜クスする練習をしながらお尻のストレッチを楽しむことができる。

気持ち良い程度に1分〜5分呼吸を楽しみながらホールドする。片側が終わったら両足を壁に戻して今ストレッチしたところを感じる。もしかしてじわ〜んと何か感じるかも!準備ができたら逆側も同じくストレッチする。右と左とで感触が違う可能性大なのでよ〜く感じながら上半身や足のポジションをadjustする。

どうでしょう?お尻に何か感じた?のであれば是非是非定期的にこのようなストレッチをすることをお薦めします。

もしかして10年後に「ストレッチしていてよかった」って思うかも 🙂

 

気持ち良い誕生日

11月8日で42歳になった。

いくつになろうと誕生日ってmy special dayって感じがして嬉しい。

BirthDAYがちょうど土曜日に当たったからCarpinteriaというSanta Barbaraから少し南にある小さな町に行った。ちょっと前にここで「良さそう」と思って入ったLucky LlamaというカフェのAcai BowlとLatteが美味しくて忘れられなかったから、という理由。夏のような天候で気持ち良い太陽を浴びながらブランチした。

IMG_1472 IMG_1477

すごくの〜んびりしている小さな町で、人々もなんかリラックスした感じで、美しい海を見ながらくるっと後ろを振り向くと壮大な山々が見えるすごく気持ち良い場所。残念ながらこの日は波がゼロだったので砂浜で昼寝。

IMG_1482

Carpinteriaにヨガスタジオがあるか検索したけど何も出てこないから以前に1回行ったことあるSanta Barbara Yoga Centerまで行って、80分のリラクゼーションクラスを受けた。

IMG_1487

Simone Duffettという女性の先生で若そうなんだけどすっごく落ち着いていて、彼女の喋り方とペースを聞いているだけでとろ〜んと体が溶けていくような感じがした。スタジオの雰囲気も天井が高く気持ち良くて、クラスの途中にはすぐ外の教会の鐘が鳴りだしてそれがまたすごく気持ち良かった。

既にリラックス気分だったのが最高潮のリラックス状態になり、ふらふらとスタジオを出て車に歩きながらリラクゼーションの練習がいかに最高パワフルなビタミンのようなものかをまた実感した。頭の中までぽわ〜んと柔らかくなったような感じがし、「何歳になっても体と頭の中がコリコリにならず、柔軟でいられるように練習しつづけよう」と思った。

ヨガクラスの後もCarpinteriaに戻ってSiam Elephantという美味しいタイレストランでディナーを食べ、帰り道のドライブでは気持ち良く眠り、とにかく気持ち良い誕生日となった。

JOANCOLLINS_NUMBERS