新年新ME

最近鏡を見たり自分の写真を見たりすると「はっ」とすることがある。

まずは、やっぱり年を取った。白髪は多いし肌の張りは無くなってきたし小じわもある。この前も友人と一緒に食事をしたときの写真が携帯に送られて来たのを見て一瞬自分の母に似ているのにビックリして「年取ったなぁ〜」と思った。

あとは1年以上前から顔の肌の調子が悪く、しばらくはかなりひどいぶつぶつ病で皮膚科に行ったりもしたけど結局原因が分からないままに。最近はぶつぶつは無くなり大分良くなったけどそれでもところどころ赤くて軽くかぶれているような箇所がある。

私は思春期にニキビひとつもできなかったような人でよく人にも「肌がきれいだね」なんて言われていたから最初はこんな肌になったときはすごく嫌だったし、もともと「ぶつぶつ恐怖症」だから自分の顔を見るとゾワッとして気持ち悪くて「外出したくないな」と思うときもあった。ヨガを教えるのも一応人前に出る仕事だから「こんな顔で教えたくないな」って思った。

ヨガを教えるときによく”Notice how your body feels TODAY. Not the body you had yesterday or last week or last year”と言う。今日の自分は二度と戻ってこないからその感覚を思いっきり満喫するような気持ちでpracticeすると「この前はこのポーズができたのに!」と無理する可能性が減るし、もっと体を大事にsavorしながら動かすような気がする。

自分がヨガを教えるときにこんなこと言っているからこそ「昔は肌がきれいだったのに」とか「昨日は肌の調子が良かったのに」と過去の自分と比べては落ち込んでいる自分に気づくことができた。その度に気持ちを切り替えて生活したり、「今日の自分」を大切にするようにしたらいつの間にか元気にヨガを教えに行ったり外出して肌のことなんて忘れていた。

また、そんなときにリューマチ持ちの男性生徒が久しぶりにクラスに来て「新しい薬を飲んだら副作用で体中がイボだらけになって痛すぎて洋服が1ヶ月着ることができなかった」という経験を明るくシェアしてくれた。私の顔ぶつぶつ病は見た目だけの問題で痛くもかゆくもないから文句は言ってられない!という気持ちに更にさせられた。

そして年をとるのも「昔は。。。」と思っていると年を取ることにresisitanceを感じてしまうと私は思う。もちろん体を健康に美しく保とうという努力をするのは素晴らしいことだと思うけど、change is inevitable and normal….とも思う。私はとっても白髪が多いから白髪染めはさせてもらうけど多少の小じわや写真や鏡でみる「年取った自分」をembraceしてあげようと思う。

「毎日が新しい自分」という気持ちで生活するとなんかフレッシュで気持ちが良い!ましてやもうすぐ2015年という「真新しい年」になるから更にフレッシュスタートを切ることができる!!

新年の1月17日(土)には高橋きよみとVeniceのヨガスタジオでNew YouがNew Yearをどのように過ごしたいかビジョンを自分の身体と意識に植え付けるワークショップを行います!詳細は以下のサイトをご覧下さい。

hand of  woman meditating in a yoga pose on beach at sunset

 

https://www.eventbrite.com/e/new-year-new-you-tickets-14716325927

脱腸そしてHappy End〜Supta Hasta Padangusthasana

日曜日には横浜まで行って9歳の甥っ子のダンス発表会を見に行って最高にかっこよかった!私もダンスが大好きで昔はたくさんレッスンを受けていたけどヨガに出会ってから少しずつダンスからは遠ざかり、勝手に家やクラブでダンスはしているものの今では一切レッスンは受けていない。甥っ子のダンス発表会を見ていたらまたダンスレッスンを受けに行きたくなった。

IMG_1977

ダンス発表会を見終わってからはそのまま新横浜から新幹線に乗り、両親の住む岡山に移動。

両親は今年の夏ロスアンゼルスに遊びに来て私のヨガクラスも受けに来てくれた。父親は普段パソコンかテレビの前で座りっぱなしの時間が多く、一切運動しない割には body awarenessがあるけれどもやはり体は固い。「無理しちゃ駄目だよ」と言ってるのにお父さんは顔を赤くしながらストレッチをし、腹筋を強くする動きをしていた。

そのうえ家では「もっと力をつけないといけないよ!」と言い、設置してある懸垂の棒を使ってまた赤い顔をしながら「ふーーーっ」と一生懸命懸垂をさせた。

すると数日後には「なんか下腹部にふくらみを感じる」と言い出し、病院に行くと脱腸 (鼠径ヘルニア) だということが判明!!鼠径ヘルニアはお腹に力を入れることが原因のひとつであるからsarcasm好きな父は「二度とヨガはやらない。ヨガは体に悪い」と笑みを浮かべながら言っていた。

結局日本に戻ってから手術をしたものの傷口が化膿してしまい大変な目にあったけど、今はもうすっかり元気になった。というわけで今日はお父さんにHamstrings (大腿の後にある筋肉たち)をストレッチしてもらうことにした。

座る時間が長いお父さん。座っている=ヒザが曲がっている=ヒザ裏やhamstringsが縮んでいる。。。ということでここが固くなるのは当たり前。Hamstringsの筋肉たちが固くなると座骨が下に引っ張られることによって腰への影響もあるし、前屈するのがかなりチャレンジングになるし、姿勢も悪くなる。

今日お父さんがモデルしてくれるのはSupta Hasta Padangusthasana (Reclining Hand-to-big toe pose)。Hamstringsが固い人には最高に良いストレッチ。

  1. まず、仰向けになった状態でアゴが上 (天井のほう)に上がって喉が開くような状態になるようであれば父のように頭の下に枕かタオルを敷く。
    最初は右足のヒザを曲げて足裏を床に置いておく。ヨガストラップか無ければ何でもいいから長いもの (写真では私の長いスカーフを使用)を使って左足に引っ掛ける。左足をゆっくりと足裏でストラップを押すようにしながら足を真っすぐ上げてみる。足が床と直角にならなくていいからまずは足を真っすぐにして気持ち良い程度のストレッチをENJOYしながら呼吸を整える。このときなるべく両肩が床から離れないように両肩を軽く床に押すような感じで鎖骨を広くしておいてあげる。
    IMG_1991
  2. 次は試しに右足をゆっくり真っすぐにして床に下ろしてみる。ストレッチの感覚が変わった?きつくなりすぎないようにストラップを持つ場所を変えたり左足の角度を変えたりしてまた数呼吸ホールド。床に下ろしたほうの足はだら〜んとせず、かかとを前に押し出しながら足指を上に向ける。
    IMG_1994
  3. 次はもう一度右足のヒザを曲げて足裏を床におき、左足が直角になるようにしてみる。Hamstringsが柔らかい人だったら簡単に直角になるかもしれないけど、お父さんみたいに固かったら写真のようにヒザを曲げる必要がある。かかとを天井に向けて押し上げ、足指をぱーっと広げてみる。こうするとまたさっきのストレッチとは感覚が違う可能性あり。(お父さんはストレッチの感覚が更に強くなったとのこと)
    IMG_1995
  4. さっきと同じように左足は変えずに右足をゆっくり床に下ろして真っすぐにしてまた感覚の違いを感じてみる。
    IMG_1996
  5. このあとは右足を同じようにストレッチして左足との感覚の違いを感じながら繰り返す。各ポーズでホールドする時間は様子を見ながらだけど1分〜2分くらいでいいと思う。
    (写真は無いけど反対側もストレッチするように)
  6. 両足のストレッチが終わったら両足を床に休め、両腕も休め、目を軽く閉じ、5分ほど全身の力を抜いて休む。

IMG_1998

言っておくけど脱腸の原因はYOGAでは無い。喫煙者の父は脱腸と判明する少し前から咳をする度に下っ腹にdiscomfortを感じていたらしい。そして脱腸の手術後辛い思いをしたけど入院が長引いたおかげで約57年間吸いつづけたタバコをついに止めた!!!!ずっとずっと「タバコを止めて下さい運動」をしていた母も私も大喜び!!!!というHappy ENDに終わった 🙂

IMG_1997
                          NAMASTE!!!!!

 

来年の言葉は。。。

もうすぐ2015年。

毎年 New Year’s Resolution (今年の目標) を「毎日歩く」とか「無駄遣いを止める」と行動系の目標にすると私はつづかない。。。Hiroも同じく。

昔の話だけどHiroがまだタバコを吸っている時代、「新年の目標はタバコを止める」と言って年が明けた数分後にプカ〜っとタバコを吸い出した。そのときの私の母親の呆れた顔がおかしくて大笑いしたのが今でも笑い話になっている。

だから去年の暮れには2人で「2014年は目標をひとつの言葉にしよう」と決めた。

Hiroはあらゆる場面で喜びを感じるようにするということで「JOY」を2014年の言葉にし、実際私から見ても今年のHiroはひと味違った気がする。いつもならネガティブになったり文句言うような状況でJOYを見出し、今まで以上に人生を楽しんでる!って印象。

私の2014年の言葉は「CHOICE」にした。というのは毎日の生活で実は思っている以上にたくさんたくさんの選択肢があるなって思ったから。自動的/無意識にしている行動や考えを実は自分でそれを選んでいるんだ、と思うと”then what are my other choices?”と可能性が広がるような気がして行動や考えの切り替えができる。

ヨガを教えてから家に帰り、ボケーッとlazyにしている自分に罪悪感を感じれば「あ、今は自分でlazyになるchoiceを選んでるんだからそれを思いっきりenjoyするか違うchoiceを選べばいいんだ」と思ったり。

人と一緒にいてなんかinsecureな気分になったらそれを自分で選んでいるんだと思うと結構その気分がスーっと引いていくような感じがすることも多々あったり。

だから2015年も引き続きこの言葉をテーマにしようと思うけど、それに加えて新しい言葉を付け加えようと思って何にするか模索中。

Happiness-Quote-Of-The-Day-Happiness-is-a-conscious-choice-not-an-automatic-response.Mildred-Barthel-

 

今日手を使った?

日本に着いてから今のところずっと姉の住まいにお邪魔している。姉には子供が3人もいるから子供がいなくてマイペースに過ごしている私からみると考えられない忙しさ。それなのに子供たちが眠りについてやっとゆっくりできる時間になると。。。

マスクをつけて何が始まるかと言うと「クッキー作り」。子供が通っているイベントの為に作り始めたクッキーが今や人から注文を受けるようになり、ちょうど私が泊まっているあいだも100セットのクッキーを毎晩寝ずに作っている。

IMG_1850

私はほんの少〜〜〜し手伝ったけどそれだけでもすごく手と腕のストレッチがしたくなった。別にクッキー作りじゃなくても楽器を弾いたり、クラフトしたり、タイプしたり、ハンドル握ったり。。。と手や腕を使わない日なんて無い。

だから手に「有り難う」という気持ちを込めながら以下のストレッチを試して頂きたい。Forearms (前腕) の筋肉がどれくらいtightかなどによってどのストレッチが適切か変わってくるから、絶対無理せず気持ち良い〜と感じるものを探してじ〜っくり味わうように楽しんで。

まずはforearms前部のストレッチ。私が好きなのは前かがみの正座のような状態で指が自分の方向を向くような状態で手の平を床のほうに近づける。人によってはこの状態に腕をまわすこともできないことがあるからその場合は違うストレッチを。
IMG_1903 IMG_1906
ストレッチをゆるくする為には手首や手の平を床から離した状態のままにしたり、もっと前かがみになる。
ストレッチをdeepにするには上半身をもっと後ろに引いたり、ヒジを軽〜く曲げたりしてみてちょうど良い位置を探し、目を閉じて腕の感覚を感じることに集中しながら呼吸を整える。ストレッチをホールドする時間は人それぞれだったり、その日の感覚によるけどせめて1分はホールドすることをすすめる。

右腕と左腕では多分感じ方が違うから私は片腕ずつストレッチするのが好きだけど、もちろん両腕同時にストレッチしてもいい。その代わり片腕だけoverstretchしないように注意。

次は同じ前腕のストレッチだけど今度は後部。前部のストレッチと変わらないけど手の平を今度は逆に上に向けてやってみる。前部とはまた全然違う感覚だと思うからまたこれも同じくちょうど良い位置を探してストレッチを楽しむ。

IMG_1907 IMG_1908

上のストレッチがきつい場合は壁を使ってやってもいいし、

IMG_1917 IMG_1922

自分の反対の手を使って指を下に向けることによって同じようなストレッチを感じることができる。

IMG_1911 IMG_1913

このようなストレッチで毎日使う手や腕をケアし、愛情を送ることによって長年クッキー作りなりなんなり楽しむことができる。

これがお姉ちゃんの作ったクッキー。かわいい!!!感心!!!

IMG_1902 IMG_1901

 

 

コーチ!!!

 

生徒とお喋りするのがヨガを教える大きな楽しみのひとつである私は、今年の半ばくらいにGageという生徒とクラス後お喋りし、なんか話しやすいというか魅かれる感じの人だったからその数日後にお茶をすることにした。話を聞いていると彼女はLife Coachを職業としている人だった。

私は昔から「自分について勉強する」ことにすごく興味があり、アメリカでは誰でもなんか人生で困っていることとかあると気軽にカウンセリングに行くからHiroとの仲がすごく悪いときに「前から興味があったし」と思い試しに何回か行ってみた。でも実際行くと問題や自分の気持ちをただグタグタ1時間話すだけで何も前進していない気がして結局止めた。

Life Coachはカウンセリングと違って自分で「ここにたどり着きたい」というゴールをつくり、そこへ行き着くための手助けをしてくれる。

だから彼女がLifeCoachであり、ちょうど今違うトレーニング中だからいつもより低い値段でセッションを提供していると聞いたとき自分の直感を信じてその場で「やってみたい!」と答えた。

9月から隔週で会い、まだつづいているがすっっっごく気に入っていて効果を感じている。毎回自分で何について話をしたいか決め、彼女が上手〜くその議題について私から色んな答えを誘導する。

今のところ私は物質的なゴールというよりは精神的なことについての話がほとんどで、自分のperspective (考え方や見方) をシフトすることに集中している。

日本に出発する直前のセッションでは、自分がたまに感情を感じることについてブロックをかけているような気がすることについて話すと、目をつむってvisualizationをさせられた。彼女の上手い問いかけを聞いていると不思議なくらい鮮明に自分が灰色な世界にいて、透明だけど厚い壁が目の前にあるのが見え、その壁の向こうはカラフルな世界になっていてよく見るとニッコニコで「こっちにおいでよ」という感じで手を振っている自分がいた。Gageに誘導されてなんとか壁の向こうにやっと行くとさっきまでいたカラフルな世界のもう1人の自分がいなくなっていた。

このvisualization中何故か私は涙がポロポロ出て、終わると気持ちがスッキリしていた。これが一体何を意味していたのかはっきり分かることはできないけど自分なりに解釈すると、普段の生活や会っている人を当たり前に思っていたり、authenticな自分でいないと世界が灰色に見えることがある。だからもっと目とHEARTを開いて目前にあるカラフルな世界を満喫し、そうすることによって悲しみ、嬉しさ、愛情などの感情を思いっきり感じることができるという意味だと思った。透明な壁はきっと壁があるように見えて実はinvisibleで、今すぐカラフルな世界に行けるということを意味していたんだと思う。

いつも通りGageに楽しい宿題をもらって帰りながら「もっとカラフルな世界を楽しもう」というintentionで生活を始めたらなんかいつもより自分の人生にparticipateしているような感じがする。

「このintentionを持ったまま日本に行くのが楽しみだ」と思っていると不思議なことに日本行きの飛行機でたまたま見た「The Giver」という映画が世界を平和で平等にする為に感情を感じない世界にした話しだった。悲しみ、苦しみ、痛み、など「嫌な感情」とされているものを感じないから愛情、楽しさ、情熱なども感じることができなくなっていて最後にはその感情の鍵を解かれた瞬間今までずっとグレーだった世界が突然思いっきりカラフルになるシーンがあり「私のvisualizationと一緒だ!」とびっくりした。

日本でのバケーション中は、ふとしたときにそのシーンを思い出し何年も住んでいた日本の風景、始めて会う人何度も会ったことある人との時間、家族との時間を思いっきりCOLORで満喫していこうと思う。

以下が私の素晴らしいライフコーチのウェブサイトです。ロスアンゼルスに住んでいる人にはおすすめっ!

http://www.gagebock.com/

tumblr_m3zc9u5HjE1r3mssio1_500

 

日本到着ヨガ

土曜日の夜に日本出発だと思っていたら突然金曜日の夜だということが発覚し、結局慌てて準備をすることになった。。。ギリギリでやるべきことを終わらせ、Hiroに長いやることリストを渡し、無事11時間のフライト後羽田に到着!

朝5時に姉が娘と一緒に迎えに来てくれると言っていたのにいざ外に出ると義理の兄が1人で待っていた。2年ぶりに着いた日本は覚悟していたほどは寒くなく、美しい満月が空に。

飛行機の中はとっても限られたスペースだけどそれでも体を動かすことはできる。とにかくじっと「座る」という行為は全ての循環が悪くなり、もちろん腰にも悪く、本当に体に良くない。今日会ったヨガ先生友達が言っていたけど “Sitting is the new smoking” と言われ始めてるくらいなんだって。

だから飛行機に11時間乗ったあとは絶対体を動かしたい。最初の1週間は姉宅にお邪魔しているんだけど子供が3人いてスペースが無いから歩いて数歩のところにあるヨガスタジオに楽しみに行くと。。。「会員じゃないとクラス受けられません」と固く断られた 😦

でもホットヨガのスタジオで入った瞬間「うわっ暑すぎる」と思ったから「いいや」と思って姪っ子の部屋を借り、プラクティスした。いつもは自分の家の静かなヨガルームでプラクティスしているけど、今日は姉家族たちが喋っている声がすぐそこで聞こえたり、姪が部屋を出入りしてヨガマットの上を歩いたりしているなかのプラクティス。静かなところでは集中しやすいのが当たり前だから逆に今日は集中の良い練習になった。

さて、長時間フライト後お薦めするポーズたくさんあるけど2つだけ紹介:

MUSTはこれ!前も紹介したViparita Karaniでむくんだ足を休めて頂きたい。詳細は以下を参照。
https://yvee118.wordpress.com/2014/09/22/寝る前にひとポーズ/

IMG_1815
ポーズのまま眠った私を姪が盗み撮り

もうひとつはSphynx Pose … ずっと座っているとlumbar spine (腰椎)が圧迫されて本来あるべきカーブが失われがち。こんなとき私はこのポーズで陰ヨガ風にリラックスするのが大好き。しかもとっても簡単!

うつ伏せでヒジをついて本を読むような体勢になり、lumbar spineが反るような感覚を味わう。

IMG_1765

まず腰あたりに「どうですか〜?」と様子をうかがって、変な痛みがないことを確認する。もし痛みがあったらヒジをつかずに頭を下ろした状態でもいいと思う。足の幅を変えることによっても腰の感触が変わるからそれも自分でexploreしてみる。

IMG_1787

多少腰あたりの背骨がcompress(圧迫)されている感覚があり、私はそれが気持ち良い〜と感じる。でも感じ方は人それぞれだから please trust your instincts.

もし変な痛みが無いのであればヒジを床についたままでもいいし、ヒジを少し高いものに乗せてみてもいい。手で頭やアゴを休めることも出来る。(写真ではテディベア使用)

IMG_1773

更にディープにいくのであればヒジではなく手を床において腕を真っすぐにしてSEAL POSEになってもいい。

IMG_1779

「ここがちょうどいい」と思う体勢を見つけたら静かに呼吸のペースを感じると共に体のsensationsを感じ、いつでも痛みだしたら体勢を変えるかポーズを止める。逆に体が慣れ始めたら体勢を変えてポーズをもっとディープにしてもいい。

何分ホールドするかは人それぞれでいいと思うけどお薦めするのは大体5分くらい。終わったらゆ〜っくり頭を床もしくは腕に下ろし数呼吸休んだ後、Windshield Wipers といって両膝を曲げて足を左右に優しく振ってみる。

IMG_1803 IMG_1812

どう?足、腰、背骨などの感触が少し変わった感じがする?Let your body answer that question!!

さて、日本での長期滞在を楽しみます!日本では運転せずにたくさん歩くからいいね。

見えないからこそ

たまに何故かふとしたときに暫く見かけていなかったヨガの生徒の顔が頭の中に浮かぶことがある。名前も覚えていない人だったりすることもあるんだけど「あ〜、あの人どうしてるんだろう」なんて思っていると次の日とか次の週に突然その人がクラスに現れ、”I was JUST thinking about you!!!”ということが不思議になるくらい多い。

そういうときは私のspontaneousな想いがその人に伝わり、「あ、久しぶりにあのヨガクラス受けにいこうかなぁ〜」とその人を呼んだと私は勝手に思っている。

なんでも「見えないもの」って「見えるもの」よりパワフルだと思う。
BREATH, LOVE, COMPASSION, ENERGY, SPIRIT, DREAMS….

YOGAをプラクティスするのもポーズが見た目がきれいになるようプラクティスするわけではなく、自分の気持ちが良くなり、目に見えないエネルギー(prana、life force、chiとも言う)の流れが変わるのを実際感じることができるからプラクティスする。

だから人への想いは相手が生きていようと亡くなっていようと伝わると思う。むしろ、亡くなった人はphysical bodyがなくなりspiritという見えないものになっているからこそ更に想いが伝わりやすいと思う。

だからYOGAをプラクティスするときに私は祈りのようにある人のことを想いながらプラクティスをします。

the-most-important-things-in-life-arent-things8