小さな幸せ a day

今朝クラスを教え終わると初めて見る男性が “Thank you for class”と挨拶してきた。テキサスに住んでいて出張でロスアンゼルスに来ているから空港から近いスタジオを探してpracticeしに来た、とのこと。

ほんの3分、そして一生に一度のCONNECTIONかもしれないけど私はこれがYOGAを教えていてすごく嬉しい時間だなぁと思う。

こういう小さな出来事が makes my day 🙂

毎日必ず小さな幸せがあるはずだからそれを探しては一日中機嫌が良くなる理由にしてしまおう、と思う。だから私は勝手に毎日「小さな幸せ」を探してはその写真を私のInstagramにpostします。Instagramアカウントを持っている人は是非CONNECTしましょう!

Instragram: yvee118

large

 

リタちゃんまだ元気!

今年で23歳になるリタちゃん。

私たちが日本に行っている間お世話をしてくれた友人たちのお陰で相変わらず元気!!日本からたくさん猫フードを買って帰ろうとすると「あまりたくさん買って帰っても無駄になるかもしれないよ」と父はコメントしてたけどこの様子だとまたアッという間に大好きな日本食が無くなってしまいそう。。。

P1010198
最近は必ず鼻にご飯をつけているリタちゃん

去年の後半からリタちゃんは litter box でおしっこをしなくなってしまったので犬用のtraining padsを2、3枚敷いていた。それがだんだんおしっこの範囲が広がっていき。。。。今や我が家の living room はこのような状態になってしまい、リタちゃんのlitter roomとなっている。今はちょっとお客さまを招待してliving roomでゆっくり。。。なんてできない状態だ。

IMG_2569

何故かうんちだけはlitter boxの中にするときもあれば外ですることもある。そういえばこの前Hiroの誕生日カードを探していたらちょうど良いカードを発見してお店で1人で大笑いしてしまった。

IMG_2573
中には”Thinking outside the box”と書いてあった

 

腎臓が相当悪いはずなのにリタおばあちゃん相変わらず元気でいつも感心している。動物は「あぁ、私は病気だからもう駄目だわ。もうすぐ23歳でおばあちゃんだし。」な〜んて考えたりしないのがかなりの強みだと私は思う。

実はうちには今もう1匹猫がいる。Kikiという友人の猫を長期であずかっているのだ。すごく甘えん坊で私が外で日向ぼっこをしたりハンモックでリラックスしていると必ずピタッとくっついて離れない。リタちゃんとは仲良くできないのでガレージと裏庭がKikiの住処となっているから昼間に本を読んだり昼寝をするときはなるべく外で過ごすようにしている。

IMG_2494

毎日動物ヒーリング受けています 🙂

 

 

 

スマイルはタダ

私は自分で Inspiration Addict だな、と思う。自分の夢が叶うテレビ番組だったり、Self-help booksだったり、感動するようなyoutubeビデオだったり、なんでもinspiringなものを見たり聞いたり読んだりするのが大好きだ。

英語でよく “Everything in moderation”と言うけど、これは何でもほどほどに、適度にしておくのが良いという意味。私が何故自分でInspiration Addictだな、と思うかと言うと「これを今やらねば!」というものが目の前にあるのについついInspiringなビデオを見始めてしまって止まらなくなってしまったり、暇さえあればinspiringな言葉を聞いたり本を読んでいる。つまり”in moderation” の度を超えているような気がすることがある。

先週も何故か随分前に見たことあるビデオがFacebookでまたshareされているのを見て、前に見た時すごく感動したのを覚えていたから思わずまたclickしてしまい、最初に見たときより更に感動してしまった。

簡単に話せばZachという男の子が14歳のときに癌だと分かり、音楽が大好きだから残したいメッセージを曲にし、その音楽と彼の生き方が皆をinspireするお話。私はこの若い男の子が自分で癌でもうすぐ死ぬと分かっていながらも、というか分かっているからこそ明るく自分の残り少ない人生を満喫しているのを見てすごく感動した。

そしてあまりにも感動して彼のお母さんが書いた”Fly a Little Higher”という本もdownloadして今日お庭で日向ぼっこしながらボロボロ泣きながら読み終わった。

私はこの本を読んでもっともっと明るく笑顔で生きてもっともっとHAVE FUNしたいなと思った。長い闘病生活をしながらも、そして自分が(もしくは自分の家族が)死ぬと分かっていながらもこのfamilyは常にsense of humorを失わず、楽しく明るく生きていたのがすごく私は感動した。

変な人と思われてもいいから笑顔で!!!と思ったら浮かんだのが私の大好きなIndia.Arieの”There’s Hope”という曲の歌詞でした。

There’s hope
It doesn’t cost a thing to smile
You don’t have to pay to laugh
You better thank God for that
There’s hope

ブスッとしている人に笑顔をプレゼントしてあげよう 🙂

私のかわい〜甥っ子けんちゃん
私のかわい〜甥っ子けんちゃん

14歳でも必要なリラックスタイム

日本滞在から戻ってきてもう2週間も経った。パワフルイービーUNLEASH! なんて言っておきながら何気にぼや〜んとしたまま過ぎてしまった。。。そろそろ本領発揮していこう。

日本から帰って来た週は思い出が鮮明に残っていて「本当に楽しかったねぇ」としつこいくらい繰り返していたけど、ここ数日はまた自分の生活パターンに戻ってきつつやっぱりたまに日本が恋しくなる。

たくさん良い思い出があるけどその中でも私にとって touching momentだったのは、日本最後の晩また姉宅に泊まったとき。夜遅くに姪の部屋がまだ電気がついているからお喋りしようと思って入ると、前日の岡山から戻って来る道中が雪のせいで13時間車に座りっぱなしとなったせいで「足がだるい」と言う姪。

私は早速姪にViparita Karani (足を壁に上げるポーズ)をさせて、肩や首をマッサージし始めた。肩に力が入っているところを軽く押して「ここをリラックスしてみて」と言っては力を抜く練習を何度か繰り返していくうちに姪の呼吸のリズムがすこ〜しずつ深くなるのが分かった。

あぁ、本当にリラックスし始めたな、と思ったら姪が「なにこれ〜。すごい気持ち良い〜〜」と言うから「これもYOGAなんだよ」と教えた。「最後に必ずやるSAVASANAっていうポーズがあって英語に訳すとCORPSE POSEだから、足を壁から下ろして仰向けで自分が名女優になったフリして死体を演じてみて」と言うと姪は「このまま寝ちゃうかもしれな〜い〜」と。

最後にまた数回肩を軽く押したり頭をマッサージしてから姪が「変な音楽」と呼ぶ私のSAVASANA MUSICをかけてあげてそ〜っと部屋を出て行った。

姪や甥っ子たちと過ごす時間は少なくとってもpreciousだけどこのように姪とほんの短い時間だけどYOGAを通してintimate momentを持てたのが私にとってはとてもspecialだった。自分が14歳だった頃を思い出すと反抗期爆発寸前でたくさん感情を込めていたのを思い出し、あの時からYOGAをpracticeしていたら人生変わっていただろうなぁと思う。

14歳だろうと74歳だろうと誰でもどこか力を入れ過ぎていたり、緊張していたりしていてRELAXATIONが必要。自分でそのRELAXATIONを練習するのが難しいときは愛する人にちょっとしたマッサージなどをプレゼントしたりしてもらうのが最高!!と思う。

P1010124

 

 

Hiroへの宿題ストレッチ

1月5日はHiroの44th Birthday!! でした。今年はめでたく仕事始めの月曜日に当たった。

Hiroはクリスマスにかわいいピアスをプレゼントしてくれたのに何もプレゼントしなかった私。無駄になるのがイヤだから何か絶対必要とか欲しい物が分かっていない限り買わないようにしてる。

というわけでfinanceの計画性が(今のところ)全く無い私はSURFBOARDを買うことにした。9フィートのロングボードがガムテープだらけでボロボロになっていて「これと同じようなボードがもう1本欲しい」とずっと言ってるのを覚えていた。その古いボードを一応車に入れ、measurementの写真を撮って近所のET SURFに行くと似たshapeのボード発見!早速購入。

夜うちで小さなフルーツタルトにロウソクを灯してHappy Birthdayを歌ったあとSURFBOARDをプレゼントすると喜んでくれた。大成功!!

IMG_2488

週末まで待って土日とも雨の中NEW BOARDでサーフィンし「さいこうだ〜!」と興奮していた。やっぱり思い切って買って良かった。

しかし久しぶりにロスアンゼルスでサーフィンして「肩がパンパンだ」とマッサージをしてほしそうにするHiro。。。なので今日は気持ち良いかもしれない肩あたりと背中のストレッチを紹介するからセルフマッサージをして頂きたい。

  1. 姿勢良く立った状態または座った状態で両腕を一度真横に広げ、そこから両腕を前に持って来て右腕を上に、左腕を下にしてクロスする。できればヒジが重なるようになるべくtightにクロスする。このときupper back (背中にある肩甲骨のあたり)がグーッと引っ張られるsensationsを感じるかも。

    P1010209

  2. もしヒジが重なったら両ヒジを曲げてforearms (ヒジから手) を引き寄せ合う。
    P1010211
  3. 気持ち良ければどんどん腕同士を近づけていき、それでも余裕があれば左手の指を右の手の平にまわして更に腕 (ヒジから手まで) の巻き付けをtightにする。
    P1010213P1010214
  4. ここからは少し自由にexploreするような感じでグーッと両ヒジを前そして上に上げて背骨を軽く沿ったり、
    P1010216
  5. 逆に両ヒジを下そして体のほうに引き寄せて背中を軽くまるめたり、
    P1010218
  6. 両ヒジを大体肩と同じくらいの高さでゆ〜っくり両肘を左右に動かしてみたりして自分が伸ばして気持ち良いところ、力が入ってるところ、筋肉が張っているところなどをexploreしてみる。
  7. もし両ヒジを重ねることができなければ写真のように片腕をなるべく真っすぐの状態のまま反対の手首や腕を使ってゆっくり真っすぐの腕を胸に引き寄せてみる。
    P1010224
  8. ストレッチを十分楽しんだら今度は逆の腕を上にして繰り返す。

サーフィンしているときは背骨を沿って胸をボードから引き離す動きが多いからこのupper backあたりがtightになりがち。自分の体で実験してみては?

私は左のアゴから首と肩が張りがちだからこのストレッチをしながら頭をゆ〜っくり動かして首のストレッチをするのがとても気持ち良い。
P1010219

頭皮や顔の筋肉をゆるめるような気持ちでリラックスしながらセルフマッサージを是非!

 

 

父へのunconditional love

P1000466
今回父が私たちを連れて行ってくれたプチ旅行中。。。小豆島の寒霞渓で父と一緒に。

会社員現役時代転勤が多かった父は私が日本で高校に通っているときにオハイオ転勤になってしまったし、私が日本からまたアメリカに戻ったら父がドイツ転勤になり、退職してからは日本についに戻ったので大人になってから両親と過ごす時間が少ないのでとっても貴重な時間。

それなのに以前はその貴重な時間をイライラに費やすことが多々あった。

私のお茶目お父さんはsarcasmたっぷりのコメントをすることが多く、それを聞くと私はいちいちイラっとしていた。例えばどういうコメントだったのか教えたいところなんだけど、正直今考えてもどういうコメントだったのか詳しく思い出せない。思い出せるのはお父さんが言ったコメントが私をbelittleしているような気がして傷つき、「お姉ちゃんにはああいう言い方しないからお父さんは私よりお姉ちゃんのほうが好きなんだ」とまで思ったことがあった。

数年前に日本訪問したときもお父さんのコメントでイライラして最後の日はほとんど口を聞かないようにしていた。ロスアンゼルスに帰る飛行機を待つ成田空港で「貴重な時間なのになんて無駄なことをしたんだろう」と気づいて公衆電話から泣きながらお父さんに電話して「ごめんなさい」と言ったのを覚えている。お父さんは「そんなの気づいていなかった」と言った。

昔はそういうイラっとする気持ちは自然に感じるもので “I can’t help it” と思っていた。でもYOGAをpracticeしたり自分が幸せになる方法を勉強していくに連れて自分の姿勢や生活をadjustできるのと同じように、実は自分の気持ちもadjustできるんだということに気づいた。

私のお父さんほどgenerousで愉快で優しくてhelpfulな人はいない。むか〜しからワガママな私を静かにサポートしてくれて私がしたいことを拒否したことは一回も無い。いや、さすがに大学4年目で留年し、「もう大学やめちゃいたい」とオハイオにいるお父さんに言ったら冷静に「将来何があるか分からないからちゃんと卒業しなさい」と言った。でも大学を卒業したおかげで私はロスアンゼルスに引っ越したときに就職することができた。

そんな父のちょっとしたsarcasticコメントをいちいちイライラしていたなんて今になって考えるともったいない。イラっとするのは私の中にある何かがそういうコメントに反応しているわけで if I don’t take it personal だんだん気にならないようになった。そして貴重な時間にイライラする代わりにその場の父との、家族との時間をもっと楽しみ、満喫できるようになった。

家族でもやっぱり自分とは違う人間なんだから意見の違いなんかはあって当たり前。でもそういうdifferencesやimperfectionsなんか関係無く愛せるからこそunconditional loveと言えるんだと思う。

I love you and miss you so much お父さん!!!!!

 

 

 

 

Unleash Yvee2015!!

1ヶ月の日本滞在から帰ってきて少し落ち着いたので久しぶりにぶろぐあっぷ。

今回の日本滞在は本当に楽しかったぁ。「いつも楽しいけど何故かいつもより更に楽しんだような気がする」とHiroと話している。

日本での思い出や考えたことなどを少しずつアップしたいと思うけど取りあえず今日は去年からcontemplateしていた今年の標語をやっと決めたので発表しようと思う。。。
https://yvee118.wordpress.com/2014/12/15/来年の言葉は。。。/)

今年はもう少しactiveな言葉にしたいなぁ〜と思って「PROACTIVE」「POWER」「MOMENTUM」とかを何日か試着してみるような感じでそれらの言葉を念頭におきながら生活してみたんだけどなんかしっくりこない。。。

私の大好きな本「Power of Now」の一番最初に書いてある短いシンプルなストーリーがある。

A beggar had been sitting by the side of a road for over thirty years. One day a stranger walked by. “Spare some change?” mumbled the beggar, mechanically holding out his old baseball cap. “I have nothing to give you,” said the stranger. Then he asked: “What’s that you are sitting on?” “Nothing,” replied the beggar. “Just an old box. I have been sitting on it for as long as I can remember.” “Ever looked inside?” asked the stranger. “No,” said the beggar. “What’s the point? There’s nothing in there.” “Have a look inside,” insisted the stranger. The beggar managed to pry open the lid. With astonishment, disbelief, and elation, he saw that the box was filled with gold.

このようにとてもシンプルなストーリーなんだけど意味は、ずっとず〜っと自分が求めていたもの(happiness, joy, love, acceptance, ナド)は外から得たり求めたりするものではなく、実は知らずにずっとず〜っと一番身近である自分の内にあったのだ、というお話。

このお話にあるように、私の2015年の標語はもっと自分の内に既にあるPOWERを引き出す、という意味にしたかったから前に言った3つの言葉はしっくりこなかったんだと思った。

日本にいる一ヶ月間のあいだ最後の週は義理の母が住んでいる鴨川で過ごした。その間は毎晩私たちが大好きな鴨川グランドホテルにある温泉に入りに行って最高な幸せを感じていた。その鴨川グランドホテルで最後の晩に入った温泉で「はっ」と思いついて「これだ!」と思ったことばが「UNLEASH」。

「UNLEASH」って言うと「束縛から解放する」「解き放つ」という意味があって今までずっと押し殺されていた何かがドド〜ン!と爆発するようにRELEASEされるような感じがするからピッタリだと思った。

今年は今まで溜め込んでいたcreativity, love, power, compassion, wisdomを爆発させたいと思う!!!

Superman-290x300
P.S. Hiroも今年の標語は日本滞在中にinspireされた。男子トイレに入って放尿しようとすると「一歩前へ」と書かれているのを見て「あ、これだ!」と思ったらしい。何かをしようと思うと以外と完璧主義なHiroはいざ始めてしまうと大変だ、とprocrastinateしがちだからとりあえず一歩踏み出すのが大切と言うことで今年の標語は「一歩前へ」らしい。

皆様は何か今年の目標とか標語はありますでしょうか???HAPPY NEW YEAR and HAPPY 2015!!!!!!!