男らしくなりたい?!

1ヶ月も前になるけどHalloweenは特に何も予定を入れていなかったし仮装するつもりもなかったんだけど、私の尊敬するギター&ヴォーカル師匠であるShiro Nobunagaが仮装でGIGをするということで突然行くことにした。

Shiroさんのウェブサイト

「仮装で来るように!」と言われた私は既にHalloween前日だし、お金を使いたくないから最近ショートヘアにしたことを利用して “Nerdy Boy”になることにした。見事に使ったお金は$ゼロ!!ヒロにネクタイを借りただけで済んだ 🙂

nerdyboy

何気にした仮装だったんだけど不思議とBOYの格好をしているだけでなんか気分まで男らしくなった気がした。

周りに女性がいると”ladies first”とドアを開けてあげたり、バーでドリンクを買いに行くと一緒にいた女性にもドリンクを買ってあげたり、と。

私は小さいときから常にマッシュルームカットで何故かオーバーオールとか着せられてたから常に男の子に間違えられていた。

Scan 16

その影響もあるのか大人になってからも女性らしい服装よりもカジュアルな格好がcomfortableで周りの人にもよく「Yveeはさばさばしてて男らしい」と言われていた。

そんな風に言われていた私だからHalloweenの夜男装するのはそんなに違和感が無くとってもcomfortableだった。なんせビーサンだから司郎さんが歌うバンドに合わせて一晩中ノリノリで踊りまくり、足が全く痛くならないのが最高だった。

なんでもlearning experienceにするのが好きな私はこの男装をしたことによって気づいたことがあった。それは自分が実は「良い意味での男らしさ」がlackしていたことだった。

それはリーダーシップをとるような自信と行動力だったり、金銭力だったり、NOと言う強さだったり。。。と。

そして逆に何故か妙に自分が「女らしい」格好や行動をするのを拒絶するところがあるところにも気付かされた。

もともと男だから「男らしく」しなきゃいけないとか女だから「女らしく」しなきゃいけないというのは私はあまりagreeしない。大切なのは「自分らしく」することであり、masculinityとfemininityをバランスよく持つことだと思う。

そして何よりも大切なのは自分でそのバランスがどうなっているのかを観察することだと思う。今回何気に男装したおかげでそれに少し気づくことができた最高な晩となった。

 

gender_equality-703350

 

隠れていたビッ◯

“BITCH” は悪い言葉です。。。

なので決してこの悪い言葉を教えているわけではありません!!でも意味を教えると。。。

もともとは雌犬という意味だったらしいんだけど今では「嫌な女」という意味で使われる。動詞で使えば「文句を言う」という意味になる。

私が小さいときこんな言葉を言ったら滅多に怒らない私の父親が怒るような言葉です。


話は変わり、私は何故か15年前に “The Power of Now” という本を読んで自分の頭の中には常に無意識に「声」が流れているというのを知ってからその「自分の声」がどれが偽物でどれが本物なのかを見極めるのに完全にハマってしまった。

「私の頭の中は空っぽ!何も考えてないから」というコメントをよく聞く。私もこのvoices in my headの勉強をし始めるまでは頭の中は空っぽだと思っていた。でも実は頭の中の声がそれくらい完全に「自分」の一部になっているから全く気づかないのが普通だと思う。そしてだからこそその「声」に気づくのはと〜〜〜〜ってもチャレンジングなんだと思う。間違いなく私にはとてもチャレンジングだ。

普段日常生活で様々な出来事や人に対して無意識に反応しているのも実は自分の頭の中の声に反応しているものであり、この頭の中の声は多くの場合自分の過去の経験や環境によって作り上げられているものなのだ。

Michael A. Singerという人の “The Untethered Soul ~ the journey beyond yourself” という本ではこの頭の中の声を彼は「ルームメイト」と呼んでいるんだけど、まさにその通り!と思う。

9781626250765

逆にこのルームメイトに気づいていないときは私のルームメイトがどれだけうるさいか気づいていなかった。。。だからある意味実は私の頭の中には何人かルームメイトがいると気づき始めたら辛かった。

数週間前にも私のライフコーチであるGageとのセッション中に私のルームメイトが「なんであんたはそんなに何でもスローペースなの?」とか「ほんっとにいつまで経っても成長しないよねぇ」と私をけなしていることを言うとそのルームメイトの名前は?と聞かれた。

考える間も無く直ぐに私の口から”I call her the BITCH”という返事が飛び出た。

そして不思議とそのルームメイトに名前をつけてから実はこのBITCHは思っていた以上にうるさいことにどんどん気づいた。そしていかにそのBITCHに私が振り回されていることにも気づいた。そして実はこのBITCHは私がかなり幼いときからルームメイトとしておつきあいしていることにも気づいた。そして実はこのBITCHの言うことを聞いていると周りの人に対してもBITCHな気持ちを持ったりすることにも気づいた。

こんなBITCHには「大嫌い!あっち行け〜〜〜〜〜!!!」と言いたいところだけど、Gageは逆にこのBITCHを拒否せずに「今までありがとう」とacknowledgeするようにと言った。なぜなら今まで一生懸命BITCHはBITCHなりに私を守ろうとしていたらしい。だから私は「ありがとう。ここからは私がtake overするから!」とBITCHをacknowledgeした。

15年も自分の頭の中の声を観察していて今になってこんなにもうるさいBITCHというルームメイトがいることに気づいたのにはびっくりだったけど、おかげで最近はBITCHの声が少しずつ静かになってきているような気がする。

だからこそ100日間プロジェクトの59日目はこの声に気づくことをその日のFEEL GOODにしたのだ。

https://www.instagram.com/p/72C2IFh30V/?taken-by=yvee118

これで完全にBITCHがおさらばしたわけではないからこのままプラクティスをつづけようと思う。。。

もし私のお父さんがこれを読んでいたら。。。何度もBITCHを繰り返して申し訳ない!! 🙂

「できる」「できない」関係なくチャントランガ!

今日のYOUTUBEでは以前紹介した太陽礼拝そしてフローヨガでは何度も行うVINYASAに含まれるCHATURANGA DANDASANAという少しチャレンジングなポーズを教えます。(少し前に載せたChaturanga Dandasanaについてのブログ記事 → http://wp.me/p28Jfo-43)

このように少しチャレンジングなポーズになると「できる」「できない」と頭の中で決めつけることがあると思う。私も最初はこのポーズは「できない」ものと決めつけていた。

ヨガのプラクティスは体のプラクティスである以上にマインドのプラクティスであるので、「できる」「できない」を決めつけずに自分の呼吸と自分の体のいろんな動きを感じる練習としてやってみよう!!!!

「100日間プロジェクト」終了!と共にスタート!

ひょえ〜。気づいたら1ヶ月以上もブログをサボっていた。

そんな間に私が数ヶ月前に始めた100日間FEEL GOODプロジェクトが終了した。(このプロジェクトについてのブログ記事→ http://wp.me/p28Jfo-l6

単純に毎日ひとつ自分にとって心底「気持ち良い!」と感じることをしてそれをInstagramに記録しただけなんだけど、今までは何でも長続きさせるのがなかなか難しかった私にとっては何であれ100日間もつづけた!!!!というのは自分でも「よくやった」って達成感有り。(My Instagram → https://instagram.com/yvee118/

このプロジェクトをして気付いたのがやれば実はすっご〜〜〜〜〜く気持ち良いことが身近にた〜〜〜〜〜〜くさんあるのに、何故かなかなかしなかったり、逆に拒絶したりすることもあるということだ。

一人で自然のなかを散歩したり海に泳ぎに行ったりと体を動かすのはすごく気持ち良いことなのに、「いや、今日はちょっと風が強いしなぁ」とか「やることがたくさんありすぎて無理」とか頭の中で都合の良い言い訳をつくって行かないことにする。そこで何かproductiveなことをするのならまだ理解できるけどその代わりにコンピュータでテレビ番組を見たり、Facebookをチェックしたりしてしまう自分がいる。

「気持ち良い」を「心地良い」”comfortable”と解釈すると、「慣れているから気持ち良い」「余計な心配や気にすることがないから気持ち良い」というとても制限されたFEEL GOODになってしまう。

だから私はこのプロジェクトでは My Body Mind and Soul 全てが “YES!!!!!” と賛成するような気持ち良いことにしたかった。100個全てじゃないけど今までの私のcomfort zoneから少しはみ出るようなチャレンジング FEEL GOODをしてみたかった。

例えばず〜〜〜〜っと公道で自転車に乗るのが私の大恐怖だったんだけど我が家から海まで30分くらいかけて自転車をこいで行ってみた!!海で2時間ほどNAPをしてからまた自転車をこいで帰ってきたときには今までにないほどの疲労感でそのあとな〜〜〜〜んにもできなかった。

bicycle

自転車冒険後のエネルギーはゼロだったけど達成感と自分への「よくやった!」感は120%で最高にFEEL GOODだった。


もうひとつこのプロジェクトで気付いたことをshareさせて頂くと、自分のINTUITION(勘)がまた少し良くなった気がした。FEEL GOODというのは一般的なものでもなく、周りの反応を気にすることでもなく、自分にとってのFEEL GOODなんだから自分のことをよく理解しないと分からない。

たまにその日のFEEL GOODが何か分からないときは自然と目を閉じて静かに呼吸を感じ、自分にとってのFEEL GOODが何なのか「勘じる」ようにしていた。

例えば、ふと「思いっきりショートヘアにしたいな」と思ったときにも、自分が髪の毛を切ったことを想像して “will this make me FEEL GOOD???” と自分に問いかけたらマッハ1秒で “YES!!!!” という答えがかえってきた。今までも髪の毛を切りたいと思ったことは何度かあったけど「運動するときに邪魔だから」とか「髪の毛をさっと結わけるほうが朝の準備に時間がかからない」とか「髪の毛が長いほうが女性らしいから」と言い訳をしていた。

すぐに髪の毛を切りに行くと。。。めちゃくちゃFEEL GOOOOOOOD!!!! 頭と脳みそが軽いし、朝も全然時間がかからないし、なんか前よりも「自分らしい」気がする。

haircut


「100日間プロジェクト」は終了したけど、なんか逆にここからが「スタート!!!」という感じがしている。自分にとって気持ち良いことをつづけ、チャレンジしつづけ、自分がどういう道をたどるのか自分で楽しみにしている。