Feel the REBOUND

When I started practicing Yoga I learned the “root and rebound” concept. When I actually felt the rebound in my body, standing in the simplest asana like Tadasana with my feet rooting down and the energetic rebound going upward….

I fell in love.

I fell in love with that feeling of lightness in my body, that feeling of connecting to both earth and heaven energy, that feeling of “playing with gravity,” and it got me hooked to practicing Yoga which led me to teaching it.

Then, fast forward a few years, I attended my first Yin Yoga teacher training with my teachers Paul and Suzee Grilley.
http://www.paulgrilley.com/

That is when I heard Paul use the word “rebound” as well, but it was a different “rebound” from the “root and rebound” concept.

First of all, in a Yin Yoga pose, you are not rooting your body down like you would in a Yang pose because you are practicing yielding into gravity, so there is more of a sinking feeling while you are holding these poses for minutes at a time.

Once we come out of the long-held pose, Paul or Suzee would tell us to rest in a comfortable position and “feel the rebound” while keeping our body still and silent.

This meant feeling the effect of the pose once you come out of the pose with no expectations. Just receiving and observing the energetic rush and swirls and response that your body is feeling, which you will probably miss out on if you rushed to the next pose or if you didn’t pay attention.

I fell in love.

I fell in love with the indescribable sensations that arise in my body and how I almost feel hypnotized by them, sometimes making me not want to move for a very long time. I loved how it made me notice how there is something to feel AFTER you practice a Yoga pose, whether it is a Yin or Yang Yoga pose.

I sometimes describe it as taking a bite of something super yummy, closing your eyes, and savoring the after taste in your mouth…. or striking the singing bowl and listening to the reverberation until it feels like you can’t hear it anymore.

meditation

Which means there is a “rebound” to everything.

Last year when I went to attend a Yoga training with Paul to study the Yoga Sutras, the study and talk was sometimes too deep for my limited brain and it almost felt like I could feel the “????” hovering above my head… and maybe Paul saw them too because that is when he said “Just the way you don’t practice Yoga poses so you can MASTER them, it is okay if you are not grasping everything you hear. Just the fact that you are interested in studying this and opening up your mind to it is enough. Take in what you can and then feel the rebound.”

I must admit, these words made me tear up.

Partly because I can feel the panicked feeling of “not understanding everything” melt away, and partly because I thought it was so beautiful to think that there is even a rebound to receiving and studying a certain subject.

Since then, it seems like I feel the REBOUND in almost everything I do.


I am co-leading a “ROOT REBOUND REFLECTION” Yoga retreat with my dear friend and Yoga teacher Stacie Reeve. Please go to our website for more information and to sign up!

http://hamayareeveyoga.com/

Advertisements

食いしん坊を卒業?

2月に入って4日間友人と約束をしていたデトックスをした。

デトックスと言っても野菜と果物と卵と豆とキヌアはオッケーでそれ以外は食べるのが禁止というもの。

1日目は「食べられない」と思うと私の大好きなパンやマフィンなどの小麦粉系が異常に食べたくなったり、「控えよう」と思いつつもついつい買ってしまうキャラメルラテやチャイラテなどが飲みたくなり、イライラ😡 。

デトックスするなら誰かと一緒にするのが良いと思うのはイライラしたときに連絡して応援し合えるところだ。じゃないと誘惑に負けてしまいそうだった。

お腹がいっぱいになるもの!とバナナとスイートポテトのスムージーやグリーンジュースをごくごく飲んだり、アボガド&グレープフルーツを食べたり、むしゃむしゃとドライフルーツを食べたりしてもなんか満足感が無い。

んが、不思議と3日目くらいになると体が少し慣れてきてイライラもなくなり逆に頭がスッキリし、空腹感も減り、口にするキウイやブルーベリーが非常に甘く感じ、なんの味付けもしていないキヌア入りのサラダがすんご〜く美味しく感じ始めた。

いつも陰ヨガを教えているときに 「日常生活でテレビやコンピューターや携帯や宣伝や人ごみなどからたくさんの刺激を受けているから体の中からの微妙な声が聞こえなくなってしまう」と言っているけど、食事も一緒だな、と今回のデトックスで実感した。

普段「甘い」「辛い」などの刺激の強いものを食べていると味覚が麻痺してもっと繊細な味を楽しめなくなってしまう。更に少しでもお腹が空いたような気がする度に食べていると満腹中枢が麻痺して食べ過ぎてしまうことになるし、もしかして食べることによって大切な体からのメッセージを押し込んでいるかもしれない。

さらに箱に入っていて賞味期限が何ヶ月も何年も先の「生きていない」食べ物や、原料が???と読むこともできないようなものが入っているものを食べるのと、フルーツや果物をそのまま食べるような「生きている」wholefoods(自然食品)を食べるのとを比べては体のエネルギー、頭のスッキリ感が全然違う。そして将来の健康を左右していることは言うまでもない。

img_0540

今回のデトックス4日間が終わってから実は既にパンもスパゲッティも甘いものも食べた。。。すると胃のどっしり感がすごく分かる。大好きなパンやケーキなどはこれからも食べようとは思うけどなるべくフレッシュでqualityの高いものをたまに、バランス良く食べて行こうと心に誓った。

以前までは「そうしなきゃ」と思っていたけどたったの4日間のデトックスでここまで体と頭がスッキリしたから「そうしたい」と思った。

数年常に調子の悪い肌も気のせいかここ数日調子が良い!!

フットボールより。。。

昨日はSuper Bowl Sundayと言ってアメリカ合衆国ではプロアメリカンフットボールの優勝決定戦が行われるお祭り騒ぎの日。

football-white

多くの人が家に集まってご飯を食べながらテレビでフットボール観戦をしたり、どっちのチームが勝つか賭けをしたり、毎年ビッグスターが行うハーフタイムショーを楽しんだり、この日の為に特別に作られるテレビコマーシャルを楽しみにする人もいる。

というわけで多くの人が家やスポーツバーに閉じこもっているので出かけている人が少ない。

私はフットボールに興味が無い。ヨガに来るおばあさまグループと朝ごはんを賭けたのでその為だけにどっちが勝つかくらいは興味有り😁

私がスポーツで観戦するのが大大大好きなのはテニス。昔はヒロとBNP Paribas Openを観にIndian Wellsまで行ったり、寝ずにテレビでテニス観戦をしたりした。

数年前にケーブルテレビをキャンセルしてから観戦することも少なくなったけどつい一週間ほど前には私の大大大好きなRoger FedererとRafael Nadalが数年ぶりに決勝まで来たので夜中の12時半からラジオで興奮しながらどちらも応援しながら聞いていた。

結局Federerが勝ち、35歳で18回目のGrand Slam優勝を獲得した。

Roger_Federer_2012_Indian_Wells.jpg
Mike McCune from Portland – Roger Federer @ BNP Paribas 2012 Open vs. Federer Uploaded by flickrworker

 

私がテニスを観ていて好きなのは全くの1対1の intenseな戦いであること。コーチと相談することもできず、喜ぶときも悔しがるときも1人。頭のなかでいろんな考えごとが浮かんでもその考えをどう対処するかも自分次第。そのintensityが私は大好きだ。

また、テニスプレーヤーたちのしなやかだけど力強いYin and Yangの素晴らしくバランスがとれた動きを見るのが大好き。特にRoger Federerはまるでダンスをしているかのような動きで見ていてうっとりしてしまう。また、Rafael Nadalの常に180%の力強さで全てのボールを追いかける意志と体の強さは信じられ無いものがある。

そして最後に、大大大好きなのはこの2人のスポーツマンシップだ。

常にフェアに戦い、テニスマッチが終わるとお互いを讃え、サポートするのが素晴らしい。今回のAustralian Openファイナルが終わったあとのスピーチでもFedererが

“Tennis is a tough sport, there’s no draws but if there was I’d be happy to share it with Rafa tonight.”

「テニスは引き分けの無いスポーツだけどもし引き分けることができるのであれば僕は喜んでRafaとこの勝利を分けたい」

と言ったのを聞いて私はウルウルしてしまった。言葉だけで言っているのでなくて本気で言っているのが良く分かったから。優勝して優越感を得るためではなく、本当にこのスポーツが大好きで相手を完全にリスペクトし合っているこの2人は私の大好きなスポーツTENNISの中でも大好きなテニス選手たちだ。

あ!!ちなみにスーパーボウルの結果私は今週水曜日に朝食をおごってもらうことになった。YAY🙌