あしゅたんG

私がやっているdog sittingビジネスは、実際犬を預かる前に”meet and greet”といって犬そして飼い主とのお見合いみたいなのをして相性が合いそうか判断する。

この前あまり犬の扱い方が分かっていないような男性がすっご〜くかわいい子犬をつれてきて「最近離婚して寂しいから犬を初めて飼った」と言っていた。

それを聞いて私はこの前読んだHABITSについての本に書いてあったことを思い出した。人間は結婚、子供が産まれる、離婚、家族や友人の死、病気、引っ越しなどのsiginificant eventがあったあとはHABITSが変わるということ。

ヒロは私と別れてから毎朝ヨガスタジオに通ってMysoreスタイルのアシュタンガヨガをプラクティスしている。このヨガは決まったシークエンスを覚え、先生の指導のもと自分で自分の呼吸に合わせてプラクティスする。朝の6時〜8時の間だったらいつでもクラスに行って自分でプラクティスをし、終わったら勝手に帰るというクラス。

アシュタンガヨガは多くの人がプラクティスするVINYASAフローヨガの元となっているもので、最初から最後までシークエンスをしたらかなり体力を使うハードなヨガ。でも自分の呼吸に合わせてやるし、先生もほぼ話すこともないので静かな部屋で行う集中力を養うようなヨガだ。

ヒロは毎朝会社に行く前にアシュタンガヨガをプラクティスし、スタジオから会社に向かっているので夜はいつも早く寝ているそうだ。

私とヒロがまだ一緒に暮らしていたらヒロは絶対にアシュタンガヨガに毎朝行くなんてことはなかったと思う。「一人で暮らすようになって何か自分で自分のことが好きになるようなことがしたいから」とヒロは言っている。

そう考えると私のHABITSは何が変わったのかなぁ〜と考えさせられる。間違いないのは一人になってなかったらこんなdog sittingビジネスなんて始めてない。毎日犬の散歩をし、犬の面倒をみるのは私の仕事であると同時にJOYをたくさん頂ける時間だ。これは嬉しい変化だ。

でも夜は遅くまで起きているようになったし、そのせいで朝も余裕の時間があまり無い生活が私はつづいている。。。。私もこのHABITは是非変えたい。変えられる。変える!

IMG_2288
私の大好きな犬のうちの一匹Hobieと。

 

 

Advertisements

SLO life

This past weekend I drove up to the Central Coast to spend some time with my dear friend Stacie. We became friends through Yoga and will be co-leading a Yoga retreat at a beautiful location called Oak Creek Lodge in Santa Margarita, CA this September.

poolhouse-at-night-pic5
Yoga room overlooking the pool at the Oak Creek Lodge
I love driving up to the Central Coast. As the bigger than necessary ads start to disappear, and buildings get smaller and fewer, and crazy traffic starts to die down, the sky and land starts to open up. I can feel a sense of relaxation start to sink into my eyes and my body.

If I could find a way to live on a mini ranch with horses and dogs and cats, build a Yoga barn and have classes like “Yoga for farmers” and enjoy a SLOW LIFE I would be very happy. I am a “slow-pace” kind of person. I eat slow (to the point where I annoy people), I process information slow, I even love my Yoga practice sloooow.

Anyways, the reason for going up to the Central Coast was “strictly business”.

My dream job is to be a professional massage receiver so Stacie had me receive a massage to make sure the massage therapist was good for our retreat attendees. We also went to the local winery to confirm they had good wine, and the local bakery had delicious pastries and cupcakes. Like I said, strictly business.

IMG_2346
Stacie and I looking like a couple at Ancient Peaks Winery

18556939_1349796931779017_2962102341526051863_n
I knew this place called Just Baked Bakery will be yummy as soon as I walked in
I spent the night at Stacie and her husband’s beautiful home close from our retreat location. They made delicious dinner and we drank wine listening to great music in their patio overlooking this beautiful view.

IMG_2339

Just one night of SLO life and I felt like I went on my own mini retreat feeling relaxed and rejuvenated. If you want to join us for our three night Yoga retreat please click here for information and to sign up →  http://hamayareeveyoga.com/

↓ A song I love called “Slow Life” by Chris Pierce

スローライフしない?

先週末は友人Stacieの家に泊りに行った。ヨガを通して友人になった彼女が住む家の近くで今年の9月にリトリートを行う。リトリートの詳細や申し込みはここで!→ ヨガリトリートのウェブサイト

カリフォルニアのセントラル・コーストとよばれているこの付近はの〜んびりしていてロサンゼルスから運転しながら北上していると車の多さや建物や広告がどんどん減っていき、広〜い野原やワイン畑が見えてきて目も心も癒される。大大大好きな運転コースだ。

私は都会よりもこういう田舎でのんびりとSLOW LIFEを楽しみたいと思う。問題は仕事があまりないことだけど、私の「夢の暮らし」は田舎のRANCHで馬に乗ってたくさん動物を飼って、ヨガ小屋みたいなのを建ててそこで畑仕事をしている人たち用にヨガを教えたりできたら最高!!と思う。

さて、今回友人の家まで行ったのはあくまでも「仕事」😁

ヨガリトリート参加者たちでマッサージを受けたい人がいるかもしれないので良いマッサージ師であることを確認するためにマッサージを私が実際に受けたり、リトリートのすぐ近くにあるワイナリーで美味しいワインを飲んだり、ベイカリーで大好きなカップケーキを食べたり。。。そう、仕事です。

18556939_1349796931779017_2962102341526051863_n
入った瞬間美味しい!って分かったJust Bakedベイカリー
IMG_2346
Ancient Peaks Wineryにて。カップルみたいな私たち

たった一泊ではあったがStacieの素敵な家で夕焼けを見ながらワインを飲み、素敵なダンナ様が美味しい夕食を作ってくれ、夜中過ぎまで静かなベランダで音楽を聞きながらワインを飲み続けたのだ。

IMG_2339
Stacie の家のベランダ。向こう側はゴルフコース

一泊だけでもこういうスローライフを楽しむと心が穏やかになって帰って来れるような気がする。9月に3泊のスローライフを楽しむためにヨガリトリート参加しませんか???

↓ これは私が大好きな “SLOW LIFE”という曲。

女性パワー

私の母は25歳で父の転勤先であるロサンゼルスに引っ越して私を産んだ。姉はそのとき2歳。日本人サラリーマンである父はアメリカに来ても朝から晩まで仕事したり出張したりで家にいる時間が少なかった。

私がまだ生まれて間もないときにも父がお客さんを何度も家に連れてくるとお母さんはご飯を作ったり、私が小学校に入ると英語もあまり話せないのに学校でボランティアしてくれたり、Mustangスポーツカーに乗ってテニスやそろばんやピアノと習い事に送り迎えをしてくれた。

FullSizeRender

母は「キャリア」という意味での仕事はしていない。大学卒業してすぐ結婚し、ずっと「専業主婦」として子育てをし、お父さんの仕事のサポートをしてきた。

ロサンゼルス → 東京 → オーストラリア → 東京 → ロサンゼルス → 東京 → オハイオ → 東京 → ドイツ → 東京 → 岡山

結婚してからあちこち転勤をつづけた父が行く場所に全てついていき、美味しいもの食べるのが大大大好きな父の健康を気遣って常にヘルシーで美味しい手料理を作り続けている。

母が素晴らしいと思うのは父の転勤先についていくだけじゃなくて住んだその地をかなり満喫する。オハイオに行けばたくさんアメリカ人の友人を作ってゴルフをし、ドイツに行けばドイツ語を勉強してまたたくさんの友人を作りあちこちに出かけていた。

「お金儲け」はしていないかもしれないけど「お金儲け」をしている父をしっかり、そして楽しくサポートしている専業主婦である母は JUST AS IMPORTANTだ。

料理、洗濯、掃除、子育て全部している女性はすごく大切そして大変な仕事をしている。だから「ただの専業主婦」という言い方は好きじゃない。自信を持って言うことだと思う。

しかも最近多くの女性は家のこと+子育て+キャリアというコンビネーションが多い。その上に自分の趣味やセルフケアのこともしている人も多く「どうやってそんなにやれるんだろう?」と私は不思議に思ってしまう。女性はすごい!!

未だに心配をかけているとはいえ、子育てを終えた母はまだ毎日父に美味しいご飯を作ったり家の掃除をしながら色んなチャレンジをつづけている。ヨガに行き、中国語や日本舞踊を習い、今度は外国人に日本語を教える勉強を始めるらしい。

私のおばあちゃんが若かったようなひと昔前の「女性はうしろで控えめに」という時代と今では女性の活躍の仕方や考え方が大分変わったけれど、これからもどんどん変わっていく。女性であることに自信を持ちつつ、女性であることによってtake advantageされないような強い女性をリスペクトするし、私もそうなりたい。

家のことや子育てをしながらもキャリアを持っている女性が増えているなら、仕事をしながらも家のことや子育てをする男性がどんどん増えていくのがバランス的にはmake senseだよね。

遅ればせながら世の母たちに “Happy Mother’s Day❤︎”

ユニークな私

ちょうど5年前の今頃Paul and Suzee Grilleyの陰ヨガティーチャートレーニングに初めて参加した。トレーニングが行われる場所までの6時間ドライブも初めてだったし、2週間半泊まり込みでのトレーニングも初めてだったし、DVDでしか見たことないPaulとSuzeeに会うのももちろん初めて。

英語で誰々が down to earthだと言うと「ツンとした感じが一切なく親しみやすい」という意味だけど、PaulとSuzeeはまさに down to earthな2人。40人ほどいる生徒たちの名前を初日から覚えていてユーモアたっぷりで教えながらもPaulの頭の良さとレクチャーの素晴らしさに感動した。そしてそれ以来この2人のトレーニングに行き続けていて今年もまた8月に参加しに行くのがすっごく楽しみだ。

540309_4002786265088_676981178_n

Paul and Suzeeに学んだ貴重な情報はたくさんたくさんあるけど、そのなかでも特に貴重であるのは全ての人間、全ての体の骨格や組織はそれぞれユニークであるということ。

5年前初めてポールの陰ヨガクラスを受けているとき、軟体動物系である私がヨガポーズをしているところに寄ってきて “Is that the best way for you to stretch your quadriceps?” 「大腿四頭筋をストレッチするのにあなたにはその形が一番いい形なの?」と聞いてきた。

それまでは先生に言われた通りにポーズをしたり、「正確なアライメント」を大切にヨガポーズをプラクティスしていて自分のためだけのユニークなヨガポーズをある意味 creative に作り上げることなんて考えたこともなかったからポールの質問が新鮮だった。

自分の体をストレッチしようとしているんだから他の人が指示した通りにポーズをしてもその形は私にとって最適な形じゃないかもしれない。自分にとっての最適な「ポーズ」は自分にしか分からない。だってヨガポーズを外から見ることはできても中から感じることができるのは本人にしかできないことだから。

人間全員指紋が違うのと同じように体が全く一緒な人間なんて一人もいない。

「あの人と同じように」とか「正確にやらなきゃ」というヨガポーズではなく、世界に一人ひとつしかない自分そして自分の体を大切に祝うような気持ちでプラクティスすることをPaulとSuzeeは教えてくれた。

体だけじゃない。私たち一人それぞれユニークなgiftを持って生まれてきている。だからそのユニークさを祝うような人生を送っていけるようにしたいと思う。

Cheers to your unique self !!

変えたい癖は変えることができる

IMG_1994

5月に入りデトックス終了!WOOOOHOOOOOoooooooo!!

最近 “The Power of Habit” という本を読んだ。リサーチによると日常生活で行っている行動の約半分はその時の判断やチョイスではなく、繰り返し繰り返し行うことによって何も考えずに行う習慣や癖になっているらしい。

IMG_1949

私はよくヨガを教えたあとに気づくとスタバでラテを買っていることが多々あった。しかも注文するときも”tall soy chai no water”と自動的に言葉を発している。特に「飲みたい!」と思ってないかもしれないのにある意味これが癖になってしまっていた。心のどこかで「お金使いすぎるしゴミになるし」と買いたくない気持ちがあるのに気づくと車がスタバの駐車場にいる。コンピュータを眺め始めると口寂しくなってスナックを食べまくっている。

こういう無意識な癖を変えたい、というのが今回の長期デトックスの目標だった。デトックス完了した今の感想としては大分効果があったと思う。ふと「ラテ買いたい」とか「菓子パン食べたい」という考えが頭をよぎるけどそれに気づいて本当に飲みたいのか食べたいのかそこでconscious choiceをすることができるようになったと思う。

別にこれからは一切ラテや菓子パンなどを禁止するつもりはないけど「癖」で食べたり飲んだりしたくはない。バランス良く飲み食べし、飲み食べしたときは罪悪感なく美味しく味わいたい😋

嬉しいのはデトックスのおかげで節約になったし、家で作るシンプルご飯がとっても美味しく感じて「外食したい」という気持ちが前よりも全然減った。

が。。。

今週の土曜日にはmy favorite 寿司レストランに予約が入っています。WOOOOOOOHOOOOOOOooooooo!!