INTENTION behind the gift

While I am doing this MINIMALISM challenge this month,  seeking out what I could get rid of, one day a dear friend of mine left me a gift by my front door.

I opened it, and it was these cute chopstick resets (that I’m using to put my jewelry on).

FullSizeRender

The day she left this gift for me just happened to be a day I was feeling sad about something and her gift made me so happy because I felt her ❤︎

This made me notice… yes, we don’t need a lot of THINGS but it is the INTENTION behind it that is important. No, I didn’t NEED these cute little chopstick resets but the fact that my dear friend thought of me when she saw these cute pups (because I’m a dog sitter), made me cry not from sadness (which I was before she gave me the gift), but cry because I was so touched by her thoughtfulness.

So, even as I go through this month sorting out my stuff and deciding to get rid of many things that were given to me as a gift, in stead of feeling guilty that I am letting them go, I am allowing myself to relive the warmth and gratitude that I felt when I received these gifts…

got rid of 378 things so far this month

 

 

 

 

他人の靴を履く練習

マッサージ学校に通ったときにすごく印象に残ったexerciseがある。2人のパートナーになり、一人が普通に歩いているのをパートナーの人がすぐ後ろをついて歩き、前を歩いている人と全く同じ歩き方を真似する。その人の姿勢、歩幅、ペース、全てを真似し、自分がどういう気分になるか観察する。

お互いにこのexerciseしたあとに、パートナーの歩き方を真似してどういう気分になったか、なにをobserveしたかを発表する。これは決して「相手がこういう人だ」と決め付けているわけではなくてあくまでも「自分がこういう気分になった」ということで発表するのが大切なのだ。

「元気が出た」とか「気分が落ちた」とか「自信を持っている感じがした」などなど。。。

英語で “Before you judge a man, walk a mile in someone else’s shoes”という表現がある。それは「人を自分の観点から決めつける前に相手の立場になって考えてみよう」という意味。

私はマッサージスクールでこのexerciseをしたときになんかすごく感動した。たったの数歩だけど前を歩いているパートナーの歩き方を真似すると当たり前のことなんだけど「あぁ、この人にはこの人独特の過去や人生があり、こういう歩き方になってるんだぁ」と感慨深いものがあった。

ヨガを教えているときも実際同じようにヨガポーズをするわけじゃないけど、「あの人の体にするっと入って同じようにヨガポーズをしたらどんな感じなんだろう?」と頭の中で疑問に思ったり想像することが多々ある。

もちろん完全に相手の立場になることなんてできない。でも想像をするだけでもcompassionateな気持ちになる。

人間それぞれ色んな育ち方、環境、生まれ持った独特の個性があって今に至っている。

これをマッサージスクールやヨガクラスだけじゃなくて日常生活でもpracticeできるようにしていきたい、と思う。

shoes
私の場合ShoesじゃなくてSlippersでした

 

hump day ~ going beyond my comfort zone

Only 5 more days to go with the MINIMALISM challenge of getting rid of the same number of things as the day of the month.

I actually experienced “hump day” at day 19 when I felt like I was running out of things to get rid of…. or I think you could say, that was when I was going beyond my “comfort zone.”

When I practice and teach Yoga and am focusing on making the body stronger, I often think and say “if you don’t go beyond your comfort zone you won’t get stronger.” I think it’s the same even with practicing RELAXING your body in Yin Yoga. You want to challenge yourself to see how much you can actually make your body so relaxed that it truly starts to feel like dead weight.

Well, I guess that really applies to everything in life. If you don’t go beyond your comfort zone there is no growth.

Because after day 19 of this MINIMALISM challenge, it has gotten so much easier to get rid of the things that I initially thought I wanted to keep, that I am starting to think 30 days (which amounts to 465 things) will not be enough for me to feel the way I want to feel when this challenge is over. I’ll see how I feel at day 30 of this month.

IMG_3217
the things I got rid of at day 22 (minus Kohana, the dog 😂 )

勝手にブッククラブ開始

本って素晴らしい。私はデジタルやオーディオより実際本を手に取って読むのが大好き。私の脳みそは情報をプロセスするのに時間がかかるから文章を読んでは「ん?どう意味だ?」ともう一回読んだり、深い文章を読んだあとは脳みそに染み込ませる時間が必要で、感動したり覚えておきたい文章をハイライトするのも大好き。

美味しかったレストランを人にオススメしたくなるのと一緒で、感動した本は人に紹介したくなる。だから勝手に一人ブッククラブをここで始めることにした。

一冊目は私の大好きなヨガ本であり何度も読み返して全ページhighlightしてあるくらいの

ドナ・ファーリ
“Bringing Yoga to Life ~ The everyday practice of Enlightened Living” 

41l6hQoyFZL

ヨガのモチベーションが落ちたときにインスピレーションをもらう為に私が読む本。

3つのパートに別れていてパート1は”Coming Home”という題材。直訳すると「家に帰る」って意味だけどここでの「帰る場所」は「自分」もしくは「自分の体」。

DF

Donnaは最初のチャプター”We Begin Here”で何故ヨガをプラクティスするのか、を説明して「ヨガをプラクィスしたい!!」という気持ちに(私を)させてくれる。(以下にいくつか私の勝手な意訳でリストします)

どんな過去があろうとどんな自滅的行動をしている、もしくはしたことがある人でも日々のヨガプラクティスで自分が生まれ持った「良さ」に気づき、周りの存在の「良さ」にも気づくことができる。そして真の自分がどういう人なのか再認識することによって周りの存在との真のコネクション(つながり)を経験することができる。このコネクション(つながり)こそがヨガの中心(全て)なのだ。

No matter who we are of how long we have been entrenched in self-defeating behaviors, through daily Yoga practice we can become present to our own fundamental goodness and the goodness of others. Rediscovering who we really are at our core opens the way to experiencing our most basic level of connection with others. This connectedness lies at the heart of the practice called Yoga.

ヨガを真剣に、入念に、持続してプラクティスすれば誰でも落ち着きを持ち、ハッピーそして自由な気持ちになることができる。

What Yoga does promise is that through sincere, skillful, and consistent practice, anyone can become peaceful, happy, and free.

自分の考え方や行動に制限されてしまっているような人はヨガのプラクティスによって解放されることができる。

Anyone who has the intention to break through self-limiting and self-immobilizing thoughts and behaviors can and will find freedom through this practice.

人生に対して楽な気持ちを覚え始め、あらゆる変化に対しての柔軟性を持ち始める。新なるバイタリティーと鮮明さを経験し、それが家庭、仕事、そして世での関係に影響を持ち始める。

You start to feel a sense of ease with life, and you feel more able to adapt to change. You experience a new vitality and clarity that affect your relationship at home, at work, and in the world.

ヨガの動きやポーズをプラクテイスすることによって体に蓄積したストレスや緊張感を解放し、体の感覚が研ぎ澄まされ、体が敏感であると共に強くあり、変化に対応できるようになる。同時に私たちが生まれ持った呼吸のリズムと体の能力の関係を再認識する。

Through the practice of postures we release pent-up tensions that have accumulated in our body, and we further refine our physical senses so that we become sensitive, adaptive, and resilient. Simultaneously, we reacquaint ourselves with the cyclic nature of our breath and its relationship to the sensate wisdom of our body.

私が同感、感動した箇所を紹介したら長〜〜〜〜くなってしまうのでこれくらいにしておく。でもこれを読んで少しでもヨガのプラクティスへのモチベーションがアップすればいいなぁと思う。

この最初の章でDonnaが伝えようとしているのはヨガは「誰でも」プラクティスできるものであり、プラクティスする理由は決して目に見えるようなものを手に入れるためではないということ。

ヨガをプラクティスすると人生が突然ハッピーなことばかりになるわけではなく、上下する波を乗るサーファーのように人生の盛衰を逆らわないようになるということ。
“like a surfer out on the ocean swell, we start to align ourselves with the ebb and flow of  life rather than fight with it.”

そして体の動き、呼吸の行き来、人生の盛衰の背景には常に静寂があり、それにコネクトすることがヨガの経験なのだ。
“Gradually we begin to recognize that in between the ups and downs and the coming and going, there is a matrix of stillness that is the backdrop of all phenomena.

最後に、Donnaはこの本はヨガを通して超人的な技を得る方法などではなくて、日常生活で活用できることを紹介していき、ヨガを通して親切心と思いやりを持って生活していけるようになるのが目的でこの本を書いたと言っている。そして読者のみんながHOMEに帰ることができますように、と。
“The focus of this book is not on enlightenment as a means to transcendence, but as “enlightened everyday living.” I welcome you into the sacred science, art, and practice of Yoga. May your practice bring you home.”

 

Part 1: Coming Home  の第2章 Motivation: What Brings Us to This Moment?はまた次回!

 

Let there be SPACE and SILENCE

It is day 15 of my MINIMALISM challenge which means I have gotten rid of 120 things already!! WOW I didn’t notice it has been that many until I calculated it just now.

It’s been very interesting so far.

I thought I didn’t have enough things to get rid of because I purged A LOT of stuff after reading Marie Kondo’s book “The Life-Changing Magic of Tidying Up” over a year ago.

But everyday I end up finding things that I initially thought I would NEED or eventually use… but then on second or third thought, thanks to this challenge, I notice that I am just keeping it because I COULD use it or I have the space to store it.

So now when I walk around the house I feel like I’m assessing what I really need and don’t need so I have enough things to get rid of the next day to meet this challenge.

One AHA moment for me during this challenge is
“I DO NOT NEED TO FILL UP THE SPACE JUST BECAUSE THERE IS SPACE”

Of course this applies to things… Just because I have a big refrigerator doesn’t mean I have to fill it up with food. Just because I have a closet doesn’t mean I have to fill it up with clothes. Just because I have a garage doesn’t mean I have to fill it up with junk.

BUT

I noticed this also applies to words.

About a year ago when I was teaching a Yin Yoga class describing the practice and how you can relax your body to get the stretch to reach into your deep connective tissue, there was a girl that had her mat down at the corner of the room that waved me over.

Assuming she had a question for me I walked over to her and she said, “Can you please be quiet because I can’t relax with all the talking you’re doing.”

My first reaction (in my head) was “Is she telling me to shut up when I’m here to teach?”

But this “complaint” that I got that day has been one of the best lessons for me ever.

After she told me to shut up I did talk way less than I usually do. And it made me notice that I was filling up the silent space with my words because “I” was feeling uncomfortable with the silence.

This made me observe the students in their Yoga poses and how they were reacting while they were holding these poses for minutes at a time. It also gave me time to go up to students individually and help them or just simply give them the time to be with their own thoughts, their body sensations, and also be with the discomfort of silence.

Silence, which is something that is pretty rare these days.

So, thanks to this MINIMALISM challenge and this girl that told me to shut up, now I know that JUST BECAUSE THERE IS SPACE, WE DON’T HAVE TO FILL IT UP

 

ミニマリズムに影響されて

Netflixで「ミニマリズム」というドキュメンタリーを見た。

maxresdefault

大企業で働いてたくさんお金を稼ぎ、良いモノをたくさん集め、いわゆる世間一般で言う「成功」をしたのに「幸せ」を感じることができなかった JoshuaとRyanという男性2人を中心に「本当に大切なモノは何か」を考えさせらえるドキュメンタリー。

彼ら2人は高収入の仕事を辞め、「ミニマリズム」をpromoteするために小さなバッグひとつに持ち物を入れて全国をツアーする。

どんどんモノが増え、モノに埋もれている今の時代、実際私たちはもっとハッピーになっているのか?モノを買うために、良いライフスタイルをするために本当に大切な経験やコネクションを失ってしまっているのじゃないか?という問いかけをし、考えさせらる。

この2人が全国ツアーをしているときに数名しか彼らのトークを聞きに来てくれなかったとしてもpassionを持って話し、参加者をhugし、正直な笑顔を見せる彼らがとっても素敵に見えた。

モノだけじゃなくて「過度の刺激」が多い今の世の中では “less is more”が必要なプラクティスであり、私はこのドキュメンタリーを見て「陰ヨガは体のミニマリズム」だな、と思った。

ヨガASANAをプラクティスしているときも「過度の刺激」を求めることがある。強いストレッッチの感覚を求めたり、だらだら汗をかくことを求めたり、音楽がないと物足りなかったり。

陰ヨガでは脱力することによってストレッチするから多くの場合筋力を使ったときのような「強い刺激」ではないことが多い。不思議と脱力すればするほどストレッチの刺激感覚が強くなることはあるけれども、逆に脱力すればするほど刺激感覚が弱くなっていくような感覚があるときもある。

ミニマリズムで余計なものを減らしていくのと一緒で陰ヨガでは余計な力を少しずつ減らしていく。だから私はこのドキュメンタリーを見て「陰ヨガは体のミニマリズムだ!」と更に共感した。

今月私はミニマリズムチャレンジを姉と一緒にしている。それは今月毎日ものをどんどん減らしていくこと。6月1日だったら1個、6日だったら6個、今日は12日だから12個、最後の30日は30個、とどんどん減らすものが増えていくのだ。

minimalist
12日に減らした12個のモノ

ちょっと前にコンマリに影響されて大分ものを減らしたから「これ以上減らすモノなんてない!」と思ったけど意外とあるものだ。。。

まだ12日目だけど気付いたのは「ギフト」について。人からモノをもらったり、モノをあげたり。本当にその人が必要なものならあげたいけど結局ゴミになったり、「捨てたら悪いな」と思って家の中のごちゃごちゃのひとつになるようなモノだったらあげたりするのは止めたいと思う。

その人が使うならソープやキャンドルなどの消耗品だったり食べるものがいいいのでは?あとはこのミニマリズムのブログに書いてあった通り (ミニマリストブログ)モノの代わりにexperiences (経験)をギフトするのはどうだろうか?コンサートやミュージカルのチケットだったり、一緒にご飯を食べに行ったり、美術館に行ったり、携帯を一切見ずに語る時間を持ったり、などなど。。。

私はこれからは人にマッサージをギフトするようにしようかなぁと思う。いかが?

Minimalism in my body

I’m playing a Minimalism Game this month and getting rid of excess stuff every day of the month. → Minimalism Game

I started following these Minimalists when I watched a documentary called “MINIMALISM” on Netflix a few months ago.

maxresdefault

In my opinion, this documentary is a MUST SEE and a MUST PRACTICE in this day and age when we are overloaded with STUFF and STIMULATION from every direction.

When I watched this documentary I realized that my Yin Yoga practice is a way of practicing MINIMALISM in my body.

The reason is because when I put myself in a Yin Yoga pose to stretch or “stress” a certain part of my body, I use the minutes I spend in that pose to let go of excess holding and gripping that I unconsciously accumulate in my body so that my body can slooooooowly release into gravity.

The other reason it feels like a minimalism in my body is because when I am in a Yin Yoga pose and release the NEED to feel strong and obvious sensations I get when I pull myself into a stretch in a YANG (muscular) way, I get to enjoy the more simple and subtle sensations that arise as I just watch what happens as I take each easy breath while I am in the pose.

Oh, and speaking of simple and subtle sensations… the feeling when I come out of the pose, which my teacher Paul Grilley calls “the rebound” and I sometimes call “the aftertaste” … it is the MOST subtle yet magical sensations that are changing moment to moment and cannot be described in words. The total opposite of the overstimulating sensations you get when you are doing a very muscular movement or exercise.

I was born with a naturally flexible body (thank you mom and dad) and I admit that strengthening my body balances out all the flexibility I have.

10269361_10203417642058776_4489878696682857899_n

Some people see how flexible my body is and ask me “do you even need to stretch more when you are already flexible?”

When I used to stretch my body only in a more of a YANG (muscular) way by pulling myself into certain stretches I feel like I was more numb to these subtle sensations that I am more sensitive to now.

Five years ago I went to my first Yin Yoga teacher training with Paul and Suzee Grilley. I remember we were in Saddle Pose to stretch the quadriceps and Paul walked up to me and asked, “Is this the best way for you to stretch your quadriceps?”

Up until that moment, I had never practiced in a way of letting the sensations of my body be the leader to create my own unique Yoga pose to get the function of stretching certain parts of my body.

I had always created a shape that looks like a certain Yoga pose and made sure I was doing it “correctly” and because of my natural flexibility I could do a lot of these Yoga poses that required a lot of flexibility.

Now I allow my Yoga practice to be a way to connect to all these different colorful sensations that are present in my body and it has made my love for Yoga Asana practice even greater. It truly feels like a communication with my body when I am making sure I am listening to the feedback that my body is sending me as I move or hold myself in a Yoga pose.

And becoming more sensitive to these different sensations in my body that ONLY I could feel, I can say, YES even if I was born with a flexible body I do need to stretch every day because I can feel where and how I am getting tighter in certain parts of my body, and I’ve also noticed my “holding patterns” in my body from being still and passive with my Yin practice.

My habitual place to grip and hold is in my neck, jaw, and skull and when I practice relaxing these areas it feels like it relaxes my whole body. I jokingly say it is “natural botox” when I practice letting go of all the fascial expressions I make in my daily life.

In this day and age when we are always wanting MORE and MORE, which includes body sensations too… STRONGER body, MORE flexible body, IMPRESSIVE looking Yoga poses, being passive in a Yin Yoga pose and just practicing relaxing and being still for minutes at a time might seem boring and a waste of time to some people…

But just the way getting rid of excess stuff in my house allows me to feel clear and appreciate what I cherish, I love my Yin Yoga practice because it allows me the time to practice feeling what it feels like to live in my own body without having to DO MORE, and to be comfortable being with my own body and my own thoughts.

This is my own unique experience that I feel in my own unique body that I have in this life time.

I will be co-leading a retreat this September and teaching Yin Yoga in the evenings. Click here for more information and to sign up → Retreat Website

 

 

裸の人からシャツを借りないように

この前お母さんがうちに遊びに来たときに「一人でこの家は大きいよね。寂しくないの?」と聞かれたとき即座に「全然寂しくないよ」と答えた。

んが、「寂しいときはたくさんあるけど寂しくない練習をしてきて今となっては一人の時間を大分楽しむようになった」というのが正直な答え。

夫も子供もいなくて家に一人だと本当に「自分のため」にご飯を作ったり家を掃除したりする。

YOGA ASANAのプラテクィスも一緒でクラスで先生の指導のもとではなくて家で一人でプラクティスすると本当に「自分のため」のプラクティスになる。

一人の時間が多いと自分の頭の中の「独り言」もすごく気づく。そして自分に対するnegativeな言葉に気づくと変えるようにしている。

「私って一人で寂しい人だ〜」って思う自分の頭の中の声に気付いたら「やった、一人だから自分のために自分が食べたい美味しいもの作って食べよう!」という声に変えたり、ゆっくり自分の体の声を聞くintentionでYOGA ASANAプラクティスをしたり、瞑想をする時間を持ったりすると自分への愛情を注いでいるような感じがする。

人と話しているときも「私バカだから」とか「どうしようもないから」みたいな言い方も言わないようにするだけでも全然違う。

こんな風に自分に愛情を注いだのは生まれて初めてなような気がする。

この前本を読んでいるときにこのQUOTEが紹介されていてすごく印象に残っている。

I-don-t-trust-people-who-don-t-love-themselves-and

「裸の人がシャツを貸してくれようとしたときは注意しろ」
自分のことも愛せない人は他の人を愛することができないから気をつけろ、といような意味。

今になって考えれば前は自分に愛情を与えてない分もヒロに愛情を求めていたし、まさに「裸の自分がヒロにシャツを渡そうとしてた」んだなぁ〜と気付かされた。

最近よく周りの人に「新しく彼氏とかつくらないの?」と聞かれるんだけど今は自分が自分の恋人なのだ!あとは犬が最高の恋人!あとはもちろん家族と友達がいれば I AM HAPPY 😆

mybf

ヨガ・英語の家庭教師でございます👓

はっきり言って私は小さいときから勉強が嫌いだった。もちろん学校に行って授業を受けてはいたけど家に帰ってから一人で勉強したり宿題を一生懸命した覚えってあまり無い。「いつかは日本に引っ越すんだから!」という脅しのような言葉をいつも両親に言われていたけど、一切危機感無く、せっかく日本語の家庭教師までつけてくれたのに途中で寝たりして全く勉強した覚えが無い。

そんな私が「ヨガ・英語の家庭教師」という名前を自分につけるのは自分でも笑っちゃうんだけど😆 数年前からこのアイデアが頭の中でフツフツと煮始めていてやっと行動に出てみようと思った。

まずこのアイデアが浮かんだ理由は私が住んでいるトーランスというロサンゼルス近郊は日本人が多い。日本から駐在で数年しか住まない人や家族がいれば、半永久的に住んでいる人もいる。日本人が多いからもちろん日本食レストランやマーケット、日本人のお医者さんや学校もあって日本語だけで生活しようと思えばすることができる。

それは決して悪いことじゃないんだけど、せっかく一度しかない今回の人生アメリカに住んでいるなら英語を聞いて話して、アメリカ文化に触れる機会を増やしたほうが人生もっとRICHになるんじゃないかなぁ〜〜〜と私は勝手に思うのだ。

ロサンゼルスはアメリカの中でもヨガメッカだから色んなヨガクラスやヨガイベント、ヨガティーチャーがいる。ヨガポーズを教えるときのヨガ英語は繰り返されることが多いからその「ヨガ英語」を勉強してクラスに行けばどんどん聞き取れるようになって楽しいし、ヨガクラスで出会った人とお話したりすることによって日本人のアメリカ生活が豊かになればいいなぁ〜と思う。(ボーナス効果として違う言語を習うのはボケ防止に最高らしい👍 )

それとはまた別に、「ヨガ」というと「グループヨガクラスを受けにいってヨガポーズをして汗をかいたりストレッチする」というイメージが多いけど、それは「ヨガ」という名前のケーキがあったら一切れか二切れにしか過ぎない。

ヨガのプラクティスを本当に自分の人生の一部にするには自分のユニークな体や自分の人生のニーズや必要性に合わせてCUSTOMIZEし、自分でプラクティスするのが本当に大切だと私は痛感している。自分のINNER TEACHER(自分の内にいる先生)にコネクトするのが大切だからだ。

家で勉強や宿題をしなかった幼い頃の私と一緒で多くの人が自分一人でヨガのプラクティスをすることはない。ヨガマットの上で体を動かすヨガプラクティスであろうと、瞑想や呼吸法だろうと、日常生活での自分観察や行動であろうと、自分でプラクティスするのが最初は難しいかもしれないけど効果的でREWARDINGなのだ。

そこで「ヨガ家庭教師」である私がどのようなプラクティスをすればいいのか一緒に相談しながら勉強し、教え、「ヨガ宿題」を持って帰るようなシステムにしたいと思っている。

そこでこの私の考えている「ヨガ・英語家庭教師」とはどういうものなのか?をデザートを食べてお茶を飲みながら気軽に聞きにくる説明会を6月24日(土曜日)午後3時〜4時までトーランスの我が家で行おうと思っているので少しでも興味がある人は来てください!

参加希望の人は私にE-mail してくれれば (yvee118@gmail.com)住所を教えます。この前ブログの記事に書いた世界一美味しいチーズケーキ作って待ってます❤︎

IMG_2624