なんのためのルール?

この世の中いろんな RULES 「規則」がある。。。

この世の中、国、学校、団体、などでなるべく平和にまとまりを保つためにもちろんルールは必要なのは分かるのだが、たまに「なんのためのルール?」と疑問に思うことがある。そしてなんでもルールをそのまま飲み込まずに「なんのため?」と疑問に思うことは私は良いことだ、と思う。

むか〜しの話だが、中学・高校と日本で学校に通っているときダンス部に入ったとき先輩に「中学生はレッグウォーマーやベルトはしちゃいけない」というルールを聞いたとき私は心の中で “What?!?! Why?!?!”と全然意味が分からなかったのをよく覚えている。

んが、またこれ日本の学校に通い始めるまで知らなかったルールで「ひとつでも学年が上だと先輩だから話し方や対応を変えて言うことを聞かないといけない」というのを学び、言われた通りのルールを守った。

またよく覚えている思い出は、高校生のときに仲良し組4人と電車で学校に向かっている時に知り合いの男の子がいて話していたらたまたま同じ電車に学校の先生が乗っていて電車を降りたら「電車の中でうるさく話しすぎだ」と叱られた。

学校に着くと再度私たち4人が呼び出され「あの男の子は誰の友達だ?」と聞かれたり「明日から4人一緒に通学してはいけない」と全然意味の分からないルールを言われ、さすがに私はカーーーッと怒りがmaxに到達し、「なんでせっかく仲良い友達ができたのに一緒に通学すらできないんですか!!!」と泣きながら反抗したのをよく覚えている。そして校則という「ルール」をひたすら破りまくった反抗期が私の高校時代だった。

「ルール」があるとまとめやすい。でもなんのためのルールなのか?必要なルールなのか?を考える必要があると思う。

ヨガアーサナ(ヨガポーズ)を行うことにおいてもたくさん「ルール」がある。「人差し指が前を指すように手をマットに置く」とか「腕を肩から外旋するように」とか「膝は足首の真上に」などなど。。。

昔はこれらの「ルール」を守らないとまるで危険であるかのようにしっかりルールを守ってヨガをプラクティスしていた。んが、そんな私がまたルールを反抗するようになったのはPaul Grilleyに出会ってから。

Paulが一体これらのヨガアライメントの「ルール」はなんのためなのか?と疑問を持つように教えてくれた。そしてこれらの「ルール」を反抗して違う動き方をすると一体どういう体の感覚があるのか?「ルール」を守っているときと守っていないときの違いはなんなのか?実は「ルール」を守らずに動いてみると新しい発見があったり、自分や自分の体についてもっと学ぶことができたりすることに気づかせてくれた。

そしてルール反抗好き?な私はこういうプラクティスをするようにしてからのほうがヨガプラクティスが楽しくなった。

笑ったのは、この前久しぶりにアライメントに厳しい先生のクラスを受けに行ってVirabhadrasana II (戦士2のポーズ)を真面目に言われた通りにやっているつもりだったら、どうやら前の足が外旋しすぎていたみたいで先生に直され、”I rarely have to correct people to do less external rotation. You must be a rebel”と言われた。

やっぱり私は根っからREBELっ気があるみたい😁

104-quotes-on-making-big-ideas-real-38-638

Advertisements

パッと決めた決断

8年ほど教えていたヨガクラスを最近やめた。

the-eleventh-hour-758926_1920

昔このヨガワークススタジオのフロントデスクで「ただでヨガクラスを受ける」のが目的で働いていた頃に、「週に2回朝の6時15分スタートのクラスを教えないか?」と誘われたのを未だによく覚えている。

その頃は300時間のティーチャートレーニングを終えてからそんなに時間が経ってなく、既に違う場所でヨガを教えていたけど、ヨガワークスは大きくてきれいなヨガスタジオでたくさんの生徒が出入りするところだから緊張する気持ちがありながらもオッケーした。

教え始めたころはもちろんだけど、そのあとも数年は緊張したり、自分の教え方がうまくいかなくて落ち込んだりして、クラスが終わったあとはドッと疲れがでたり、教える前日は落ち着かない日々が多かった。

今になって考えるとその頃は自分のことで精一杯でクラスに来ている人たちをしっかり見ていなかったなぁ、と思う。

このクラスに来る人たちは仕事が始まる前に来る人や子供の世話を始める前の母親が多く、かなりレギュラーな人たちだから毎週のように会うのが楽しかった。

こんな長年教えつづけたクラスをやめるのは大きな決断なような気がするんだけど、何故か私は大きな決断をパッとintuitionで決めることが多い。。。そしてこのクラスを教えているときも常に “listen to your intuition”と教えていたので I have to practice what I preach.

このクラスの前日は夜のクラスを教えていて次の日早朝に起きるのはちょっと辛い、とか陰ヨガを教えるのにもっと集中したい、と考えるとそれなりに「理由」はあるのだが、何よりもの理由は「フィーリング」「直観」だった。

今までの人生でこのフィーリングを聞いて後悔したことはないので今回もハッと気づくてスタジオに「やめたい」という連絡をしていた。

毎週のようにクラスで会っていた人たちと会えなくなってしまったのは寂しいが、やっぱり「やめてよかった」という気持ちが大きい。これまた理由は分からないけどこのクラスをやめてspaceをつくったことによってまた違うopportunityが現れるような気がしている。

“The only thing constant in life is change”
「人生で唯一不変なのは変化が常に起きているということだ」