変人じゃなきゃ変

父の駐在で家族全員アメリカに住んでいた頃両親は私たちを現地校に通わせ、毎週土曜日だけ日本語の補習校に行っていた。

通っていた現地校はその頃アジア人がほとんどいなかったんだけど、幼い私は「自分が日本人でみんなと違う」ということをそんなに深く意識した覚えは無かった。

それでもどこかで周りの子供達と少しでも「変わっている」という事実を避けたい気持ちがあり確かサンリオのキキララちゃんがついた自転車を乗っていたらバカにされ、それ以来その自転車は絶対乗らないようにしたり、お母さんが作った日本食お弁当なんて絶対ゼッタイ学校になんて持って行きたくなかった。

私だけ土曜日に日本人学校に行かなきゃいけないこともとにかくすっごくイヤで大大大嫌いだった。

それが12歳の夏に今度は日本に引っ越したらまた自分が周りの生徒と溶け込め無い「異人」な気分になり、それがイヤで一生懸命日本の文化に最初は溶け込もうとし、日本人の周りで英語を話したりするのをなるべく避けたりしていた。

何故か人間は「変わっている」というのを悪いことのように言ったり思ったりする。。。

幼いときはメガネをかけている、とか、髪型が変わっている、とか、太っている、とか少し「変わっている」という事実だけでいじめたりいじめられたりする。

大人になっても周りの人と違う意見を持っていたり、違う格好をしていたりすると「あの人変わっているよね」とコメントをする。私もそういうコメントをしたことが何度もある。

でも。。。

よく考えると変わってないほうが変なのでは???と思う。

こ〜〜〜〜〜〜〜んなにたくさんの人間がこの地球にいて一人として全く同じ顔、同じ指紋を持っている人がいないのに無理矢理同じ顔や同じ指紋にしようとしてるようなもの。

みんな「変人」なはずなのに目立た無いように「普通」にしようとするから自分らしさを押し殺すストレスが知ら無いうちに蓄積していたり、「自分は変人だ」と孤独な気分になる人が出てくると思う。

無理に「変人」になる必要はないけど、自分が生まれ持った自分らしを押し殺さず、むしろその自分らしさをどんどん引き出していく「変人さ」はゼッタイ必要と思う。

私も小学校の頃からそれに気づいていたらなぁ、と思うけどこの年になってもbetter late than never!よくOprahが言うように “When you know better, you do better.”

私はどんな「変人」なのかどんどん気づいていこうと思う❤︎

IMG_8452

今年9月ヨガリトリート!参加しましょう!

 

Advertisements

遠距離親友愛

この前大親友ヒロミが双子の息子を連れてわざわざ日本から遊びに来てくれた😊

img_6944.jpg

私が日本に行ったら必ず会ってるとはいえ、バリバリ仕事しながら子育てもして忙しいヒロミなので一緒にご飯を食べるかヒロミの家に1泊させてもらうくらいの短期間しか会えない。

だから今回みたいに数泊うちでゆっくりと時間を過ごし、初めてヒロミのかわいい息子たちとこんなにも密な時間を過ごし、子供達が寝たあとにヒロミと一緒にヨガったり語ったりする時間は本当に本当に本当に本当に貴重な時間だった。

大学に通い始めた1日目から大の仲良しになったヒロミ。。。

IMG_7672

そのときからバイト先が徒歩10秒の近さだったり、お互いの家にお泊まりしまくったり、彼氏の話で泣いたり笑って盛り上がったり、飲みに行ったり、旅行したり。。。と色々経験し、私がアメリカに引っ越してからもお互いまた別々に楽しいこと辛いことの人生経験をし、未だにこうやって親友でいる。

今回ヒロミと話していてヒロミが「いやぁ、でもYveeは昔に比べるとしっかりしたよね〜」と突然言った。私は未だに全然しっかりしていないと思っているから半分びっくり半分喜んで「え?どういう風に?」と聞くと「Yveeは昔は思いっきり時間にルーズだったし、勉強は一切しなかったし、パチンコやゲームばかりしてた」と言われた。

覚えていたとはいえヒロミにそう言われて「が〜〜〜〜ん」とショックだった。「そうだった。。。私ってそんなに適当な人だったんだ。。。」と。

「今はこうやってヨガの勉強したり、家の片付けなどして昔に比べて本当にしっかりしたよ」とヒロミに言われ、「そうだな、すんごく徐々にであるとはいえ確かに私は成長しているんだ!!!」と励みになったと同時にもっと成長したいというmotivationにもなった💪!!!

ヒロミは背が高くスラッとしていて「マダム!」と呼びたくなる素敵な女性らしい格好をしていて計画性バリバリで一生懸命頑張るタイプで私とは正反対。

そんなヒロミと私が大親友でいられる理由は気が合うってのはもちろんだけど、お互いがお互いに正直になんでも言い合うことができて、お互いがお互いにその正直に言われたことを素直に受け入れることができるからだと思う。

ズバリ本音を言って「なんでそんなこと言うの?!」と怒ったり、言ったことが伝わってないな。。。と感じることがない。

今回の滞在中もヒロミが帰る前夜に今の私にはとても必要なことを伝えてくれた。痛いところをついているからこそ私にはとても必要な言葉だったし、心に響いたし、励みになったし、何よりもヒロミの愛情をすごく感じた。

いわゆる「優しい言葉」ばかり言ったり、相手が傷つく言葉を避けたりするのではなく、正直な意見を言ってくれたり私本人では見えないことをpoint outしてくれる親友がいることに私は今回改めて感謝感激した。

楽しい時間を過ごしたあとは悲しい別れ。。。ロサンゼルス空港で泣き泣き😭別れたあとはもちろんさみしかったけど未だにヒロミたちと過ごした時間、そしてヒロミの言葉を励みに私は更にやる気を出して一人で生活していこうと決心させてもらえた。

💛 You ひろみ。