ミニマリズムに影響されて

Netflixで「ミニマリズム」というドキュメンタリーを見た。

maxresdefault

大企業で働いてたくさんお金を稼ぎ、良いモノをたくさん集め、いわゆる世間一般で言う「成功」をしたのに「幸せ」を感じることができなかった JoshuaとRyanという男性2人を中心に「本当に大切なモノは何か」を考えさせらえるドキュメンタリー。

彼ら2人は高収入の仕事を辞め、「ミニマリズム」をpromoteするために小さなバッグひとつに持ち物を入れて全国をツアーする。

どんどんモノが増え、モノに埋もれている今の時代、実際私たちはもっとハッピーになっているのか?モノを買うために、良いライフスタイルをするために本当に大切な経験やコネクションを失ってしまっているのじゃないか?という問いかけをし、考えさせらる。

この2人が全国ツアーをしているときに数名しか彼らのトークを聞きに来てくれなかったとしてもpassionを持って話し、参加者をhugし、正直な笑顔を見せる彼らがとっても素敵に見えた。

モノだけじゃなくて「過度の刺激」が多い今の世の中では “less is more”が必要なプラクティスであり、私はこのドキュメンタリーを見て「陰ヨガは体のミニマリズム」だな、と思った。

ヨガASANAをプラクティスしているときも「過度の刺激」を求めることがある。強いストレッッチの感覚を求めたり、だらだら汗をかくことを求めたり、音楽がないと物足りなかったり。

陰ヨガでは脱力することによってストレッチするから多くの場合筋力を使ったときのような「強い刺激」ではないことが多い。不思議と脱力すればするほどストレッチの刺激感覚が強くなることはあるけれども、逆に脱力すればするほど刺激感覚が弱くなっていくような感覚があるときもある。

ミニマリズムで余計なものを減らしていくのと一緒で陰ヨガでは余計な力を少しずつ減らしていく。だから私はこのドキュメンタリーを見て「陰ヨガは体のミニマリズムだ!」と更に共感した。

今月私はミニマリズムチャレンジを姉と一緒にしている。それは今月毎日ものをどんどん減らしていくこと。6月1日だったら1個、6日だったら6個、今日は12日だから12個、最後の30日は30個、とどんどん減らすものが増えていくのだ。

minimalist
12日に減らした12個のモノ

ちょっと前にコンマリに影響されて大分ものを減らしたから「これ以上減らすモノなんてない!」と思ったけど意外とあるものだ。。。

まだ12日目だけど気付いたのは「ギフト」について。人からモノをもらったり、モノをあげたり。本当にその人が必要なものならあげたいけど結局ゴミになったり、「捨てたら悪いな」と思って家の中のごちゃごちゃのひとつになるようなモノだったらあげたりするのは止めたいと思う。

その人が使うならソープやキャンドルなどの消耗品だったり食べるものがいいいのでは?あとはこのミニマリズムのブログに書いてあった通り (ミニマリストブログ)モノの代わりにexperiences (経験)をギフトするのはどうだろうか?コンサートやミュージカルのチケットだったり、一緒にご飯を食べに行ったり、美術館に行ったり、携帯を一切見ずに語る時間を持ったり、などなど。。。

私はこれからは人にマッサージをギフトするようにしようかなぁと思う。いかが?

Advertisements

女子会な週末

先週末は友人が旦那様が出張に行っているからと言って娘2人と犬2匹を連れてうちに泊まりに来た。車を走らせて90分はかかるところに住んでいるから最近はあまり会えていなかった。

img_9298
2匹は友人の犬でもう1匹は私がdogsitしている犬

友人の娘はもうすぐ2歳と4歳でまだまだ手がかかるのに自分と子供と犬用のもの、sleeping bag、食材など大荷物を持ってうちに来た。

下の娘はママっこだから私が抱っこすることもできず、友人はその子をおんぶしながらなんと私と子供達に美味しいご飯まで作ってくれた。寄せ鍋、ハヤシオムライス、餃子。。。。パッパと手際よく作るご飯がとにかく美味しい。ヨガを教えて帰ってくると美味しいご飯ができているなんて。。。感動😭

夜子供達が寝たあとは2人で飲もう!と梅酒を飲んでいると下の子がママがいないことに気付いて泣きながら起きた。当たり前だけどママ業は24時間営業なのだ。友人はここ数年何時間かつづけて熟睡した覚えがないと言っていた。

土曜日の夜には夕食を食べてから子供2人連れて最新のディズニー映画「Moana」を観に行った。

moana

この映画の主人公 Moanaはとても勇気のある強い女の子がひとりで冒険に出る話で、王子に助けられるのを待つhelplessな女性役とは違って「ディズニー映画の女性役も強くなったなぁ」と思わされた。

途中で悪役が出てくるシーンのときは友人の娘がこわくなって「帰りたい」と言い出したけど頑張って残って最後まで見た。

海や自然のアニメーションがすごくきれいだし、ストーリーも良いし、音楽もすてきで私はすごく好きな映画だった。

冒険に出る勇気のある少女Moanaも、こわいシーンがあっても最後まで頑張って見る3歳の子供も、育児をする専業主婦も、どの女性を見てもその女性の強さに感動させられる週末となった。

女性は一般的に優しくて控えめでいるのが「女性らしい」とされているが、女性は実はすごい強さを持っていると思う。だからその強さをもっと引き出してもっと自信をもって生きていきたい!と思わされた週末だった。

download

インテンション

昨日の「最後の結婚記念日」ブログを書きながら「こんなプライベートなことを発表していいのかい?」というコメントが頭をよぎった。

そういうときは私の大好きなOprah❤︎がよくいうintentionを思い出す。 (このブログを書いている意図はなんなのか? 知りたかったら→このブログのintention

インスピレーションaddictな私は、何にinspireされるかって人がvulnerableになって自分の体験を通して何を学んだかシェアしてくれたときだ。

自分の人生で辛かったとき悲しかったときを良い学びにして更にハッピーに、更にauthenticな自分に、更に強くなることができた話を聞くと私はと〜ってもinspireされる。

例えば10年前に爆発的ベストセラー本になり、Julia Roberts主演の映画にもなったElizabeth Gilbertの”Eat Pray Love”邦題「食べて祈って恋をして」は、著者が自分が離婚して心身共にボロボロになっているときに旅行しているときに感じたこと体験したことを書いた本。

c3c9b920-08ba-0133-502d-0ec273752cbd.jpg

この本がここまでも世界中のいろんな人に影響を及ぼした理由はElizabethが全てを素直に書いたことによって全く同じ体験をしていなくても辛い、悲しい気持ちになっている人たちの励みになったんだと思う。

もちろん私のブログはそんな本に比べたら針の先っぽくらいの大きさだけど、このブログを読んで1人だけでもホッとしたり、励まされたり、inspireすることがあったらいいなぁと思う。

なのでこれからも私がinspireされること、人、なんでも紹介していきたいと思うし、自分の体験もシェアしていきまーす。

happiness-eatpraylove-quote

 

ヨガリトリート気分な週末

先週末はうちから北に3時間半ほど車で走ったNipomoという小さな町に行ってきた。運転が全く苦にならないほど海や山や農場など美しい景色を見ながらの3時間半だし、ちょうど中間地点のCarpinteriaでは私の大好きなLucky Llamaというカフェで美味しいacai bowlとlatteで燃料を蓄えることもできて😆!

acai

何故Nipomoに行ったか?は私のヨガティーチャー仲間でもあり、大好きな友人でもあるStacieに会いに行くため。

彼女は私と同じヨガスタジオで教えていたんだけど半年ほど前ダンナさまとNipomoにある素敵な家に引っ越した。彼女とはすごく気が合っていつも一緒にランチしたり、ヨガクラスを受けに行ったりしてたので、彼女に会うためにそしてどんなところに住んでいるのか見に行ってきた。

“Sideways”っていう映画は観た?私は大好きな映画なんだけどちょうどその映画に出てくるワイン畑やレストランはまさにこの周辺を舞台にしているのだ。観たことない人はかなりお勧めの映画です!

11180892_ori

私が到着したのはもう午後3時を過ぎていたのでこの日はのんびりと素晴らしい家のパティオでおしゃべりをしたり犬の散歩をしたりして、夜は家で美味しい食事を頂きながら近くのワイナリーで買ってきてくれたというシャンパンそしてワインを堪能。。。夜遅くまで飲みました😁

IMG_4307

ほろ酔いな私はバスルーム付きのこんな素敵なお部屋に泊まらせて頂きました。

IMG_4304

そして次の日の朝。

Stacieは8時からヨガのクラスを教えるので私はそのクラスを受けに。ロサンゼルスに比べたら大分静かな場所なのでヨガスタジオもなんかのんびりムードでとても素敵。
Stacieが教えているヨガスタジオ Yoga Shineのウェブサイトはここをクリック

IMG_4321

StacieのSlow Flowクラスを受けてゆったり気持ち良く体をほぐしてからはまた次のヨガスタジオへ。。。

ここもNipomoにあるスタジオで夫婦で経営そしてクラスを教えている。スタジオはこの夫婦が住んでいる家の敷地内に建ててある小さなこじんまりした場所。鶏を飼っているからスタジオの入り口にはスーパーフレッシュな卵を売っている。この卵を家に帰ってから食べたけど今まで食べた卵のなかで一番美味しくて大満足。

IMG_4324IMG_4329IMG_4332

Stacieと一緒にこのアットホームな感じなYoga Shackというスタジオでクラスを受けた。スタジオオーナーLoriが教えるクラスはポーズのホールドが少し長めで体が大分温まり良い汗を流すことができた。

ヨガスタジオ Yoga Shackのウェブサイトはここをクリック

朝から何も食べてないからここはゴリッとメキシカンを食べに!ということでStacieオススメのGuadalupeという町のEl Tapatioへ。家族経営のメキシカンレストランで私はHuevos Rancherosをオーダーしたら最高美味しく、tortillaの匂いがフレッシュで美味しくてヨガ後のご飯ってさいっこーーーーー。

tortilla

すっかりNipomo住人になっているStacieはこのあとも蝶々園やPismo Beachに連れて行ってくれ、短い一泊のStayでもすごく充実した時間となった。

土曜日の夕方素晴らしい夕焼けを見ながら私はまた運転し、まるで一泊のヨガリトリートにでも行った気分でニコニコしながら帰って行った。

 

裏返し

inside-out-435

バリ&日本旅行から帰ってきて2週間が過ぎた。

ぼや〜〜〜〜んとなんか気持ちに霧がかかっているような感じで何もやる気が出ない日がつづいた。時差ぼけはもちろんあるし、3週間も「バケーション」してきたから体と心がいつもの生活にアジャストしているということもある。

「やる気が出ない」というどうしようもない気持ちと「やらなきゃいけないことがたくさんあるのになんで何もやる気が出ないんだ!?」という罪悪感のような気持ちが葛藤していた。

そんなときに久しぶりに会う友人とランチをしていたら「きっとYveeが好きだと思うよ」と映画を勧めてくれたから早速観た。

最近公開されたディズニー映画で「INSIDE OUT」というもの。

“INSIDE OUT” を和訳すると「裏返し」という意味。例えばセーターを裏表に着ている人がいたら “your sweater is inside out” と教えてあげる。

でもこの映画の場合の「裏返し」は常に人間の中で隠れている感情や考えを見せるという意味での INSIDE OUT なのである。

disgust

人間がどうしてどうやってその人それぞれの性格や考え方や姿勢になっているのかを観察するのが大好きな私はこの映画が始まった瞬間「おもしろい!!!」とスクリーンに釘付けになった。

Io_Anger_standard2

主人公のRileyという女の子が感じている5つの感情がキャラクターになっていて、どの感情がRileyをコントロールするかでしょっちゅう競い合っている。JOYがコントロールすればRileyは明るく楽しくポジティブな気持ちになり、SADNESSがコントロールすれば悲しく寂しくネガティブな気持になる。

joy

キャラクターはかわいいし、ストーリーはおもしろいし、コンセプトは最高にcleverだし、笑ったり泣いたりで大大大好きな映画になった。

これからこの映画を観る人のために何も詳しいストーリーは教えないけど、私はこの映画を観たのが perfect timing!! な気がした。私の感情をINSIDE OUTにしたら。。。と考えると、この2週間どよ〜んとしている間SADNESSやFEARがコントロールしようとしているのを無理にJOYがコントロールを奪いとろうとしたり、JOYが常に in chargeじゃないといけないような気持ちになっていた。
Io_Fear_standard2

この映画を観て気づいたのは、「そうだ、感情っていうのは常に変わっているし、変わっていいんだ」という単純なことだった。

私はいま一般的には「悲しい」と思われることが自分の人生で起きている。最初は悲しかったけどちょっとしたら感情が「嬉しいポジティブ」な気持ちに変わった。その気持ちのまま旅行に行き、帰って来たら実はまた「悲しい」気持ちになっていたんだけどそれを自分で「いや、そんなはずない。悲しくない」とSADNESSが感情コントロールをしないようにSADNESSを押しのけていた。。。

sad

どの感情が良い悪いは別にしていつも素直で正直な感情にコントロールしてもらうのが一番いいんだなぁ〜とこの映画のおかげで再確認させて頂いた。そして横に跳ね除けていたかわいいSADNESSちゃんをHUGするような気持ちでacknowledgeした。すると不思議となんか気持ち良かった。

次の日には久しぶりにハイキングに行ったら自然とJOYがコントロールを握った。そしてずっとやる気がないから運動不足になっていた体は次の日激しい筋肉痛となった。

パラダイスからぶろぐあっぷ。

この前「♡の勝ち」というブログをpostしたけど(http://wp.me/p28Jfo-gJ)数ヶ月前まさにMIND vs. HEARTの葛藤があった。

FacebookをチェックしているとBALIに住む友人がこのフライヤーをpostしていた。

gerry-lopez_ig

「レジェンドサーファーGerry LopezがBALIで行うYOGA & SURFリトリート?!」と興味大有りになり、ヒロにも見せて「いいねぇ〜最高だね〜」なんて言ってとりあえずそこで会話は終わった。

ちょうどそのときヒロが200時間ヨガティーチャートレーニングをやるって決めたあとだったからお金をたくさん使うし、去年ニカラグアのYOGA & SURFリトリートに行ったし、BALIなんて遠いし、とたくさん行けない理由が頭の中を巡ったから止めといた。

ところが数日経ってもこのリトリートのことが忘れられないから一応日程を確認することにした。するとちょうどヒロのティーチャートレーニングが終わった1週間後がリトリートの開始日!!!「これは行けって言われているような気がする」と♡が。。。

そこでまた一応リトリートに空きがあるか確認してみると「もうほぼいっぱいだけど今なら間に合う」と言われた。この時点で私の♡は完全に「行きなさ〜い!」と言っている状態だった。

ということで「え〜い!!」と申し込んだ。

そしてまたそこで♡が「お姉ちゃんも誘ったら?」と。前から「一緒に旅行したいね」って話していたし、最近お姉ちゃんも定期的にYOGAをプラクティスしているから誘ってみると。。。子供3人はお母さんが面倒を見てくれるからナント行けることに!

というわけで今はBALIに来ています 🙂

BALIに2年前引っ越した大切な友人の生活ぶりを見ることができたし、多分初めて姉とこんなquality timeを過ごすことができているし、ヒロはちょうどティーチャートレーニングの多忙生活が終わったところだし、他にも色んな意味でタイミングがぴったりなヨガリトリート旅行になり、またまた♡の言うことを聞いて良かったぁ〜と実感している。

本日リトリート2日目が終了したところ。。。あと数日パラダイス生活を満喫させて頂きます。

IMG_0095
リトリート初日のBlessing Ceremonyで

♡の勝ち

grease

私は幼いときからミュージカル映画が大大大好きだった。

お母さんが「これはお母さんの一番好きな映画なのよ〜」と言って “The Sound of Music” を観せてくれたときは感動の渦に巻き込まれたのを覚えているし、未だにあの映画を観るとウルウルする。

他にも好きなミュージカル映画はたくさんあるけど、そのうちのひとつである “GREASE” はもう数えきれないほど見た。8歳くらいの私は Olivia Newton-Johnが演じるSandyの美しい金髪ボブカットがとてもかわいくて憧れ、よくSandyになったフリして歌ったり踊ったりした。

この映画のなかで私の一番好きな歌は Sandyが友人の家に泊まりに行き、一人で外に出てパジャマ姿で歌う”Hopelessly Devoted to you” という曲だ。

John Travoltaが演じるDannyのことが好きなのにそっけない態度をとられ、ショックから立ち直れない気持ちで歌っている。

♪My mind is saying, “Fool, forget him.”
♪My heart is saying, “Don’t let go. Hold on till the end.”

♪頭の中は「あんな人忘れちゃえ」と言っているけど
♪心の中は「最後まであきらめないで」と言っている

この歌詞を幼いながら「ん?!マインドどハートが違うことを言っているってどういう意味?」「どっちの言うことを聞けばいいんだ?」と不思議に思ったのを覚えている。

そして大人になって実際自分のマインドとハートが違うことを言っているのに気付くことがある。

マインドはどちらかというと「これが正しい道なんじゃないか」「こうするべきなんじゃないか」と自分が学んだり親しんできた環境や状況によって判断していて、この道を正当化するような理由がリストされてくることが多いような気がする。

ハートはどちらかというともっと静かに頭の中のぐちゃぐちゃの裏に隠れていて言葉ではなく直感で話しかけてくる。今までの自分らしくない道だったりちょっと怖いような辛いような道のときも多いんだけど道をたとればもっとRAWなユニーク自分が現れると思う。

マインドかハートどっちの道を選ぶのもその人のチョイスだけど、私個人的にはなるべくハートが勝つチョイスをしていきたいなぁと思う。その為にもマインドの声を少しでも静ませるためにヨガや瞑想が大切だなぁってまたヨガ宣伝になってしまった。

Sandyはどっちを選んだかというと♡の勝ちでした!

不良ヨギーニのRebootデトックス

私は比較的健康な食生活を過ごしているとは思う。

家の中にお菓子とかあると絶対にスグ食べてしまうから買わないようにしているし、家ではほとんどお肉料理はしなくなったけど外食したときやお呼ばれしたときは食べる。

でも欲に弱く、スターバックスに行けば甘いpastryを買ってしまったり、お腹が空いていなくても目の前に美味しそうなものがあればお腹パンパン信号を無視して食べつづけてしまう。

以前近くのめちゃくちゃ美味しいケーキ屋さんで働いていたときはよくケーキを5個買って帰り、ヒロが帰って来る前に3つ食べ、ヒロが帰って来たら「ケーキ買っておいたよ〜」と2個しか買ってないフリしてまた1個食べることがしょっちゅうあった。

やっぱりYOGI (ヨガをプラクティスする人)は健康な人が多いからvegetarianやveganの人が多く、更によくデトックスをしている。

私は5年くらい前に1回だけMaster Cleanseというのを3日間くらいした後「特に変化を感じない」と思いやめてしまった。しかもお腹に優しいものを最初は食べなきゃいけないのに私はお肉入りのチャーハンを食べた。

それからは特にデトックスなんてやる気がしてなかったんだけど、数年前に私がジューサーを買うきっかけとなった”Fat, Sick & Nearly Dead”というドキュメンタリーのpart 2が出ているのを最近発見して家の掃除をしながら観た。

MV5BMTQyNDY1NDU0NV5BMl5BanBnXkFtZTcwMjY2ODM2NA@@._V1_SX214_AL_

最近は相変わらず顔の肌の調子が悪いし、花粉症がひどいし、なんかイライラすることが多いから「やってみたい!」という気持ちになり、detox eveを祝してハーゲンダッツのdulce de lecheアイスクリームを食べてからFirst Day of Springである金曜日に fruits and veggie only detoxを始めた。

IMG_3061

とにかくフルーツと野菜をジュースにして飲むか食べるか以外は何も口に入れない。最初の3〜4日が辛くてそのあとbetter eye sight, better sense of smell, clear skin, clear mind… などの効果が見えてくるらしいから最低でも5日間はつづけて調子が良ければもっと長くつづけようと思う。

I can do it!!! Wish me luck 🙂