Minimalism in my body

I’m playing a Minimalism Game this month and getting rid of excess stuff every day of the month. → Minimalism Game

I started following these Minimalists when I watched a documentary called “MINIMALISM” on Netflix a few months ago.

maxresdefault

In my opinion, this documentary is a MUST SEE and a MUST PRACTICE in this day and age when we are overloaded with STUFF and STIMULATION from every direction.

When I watched this documentary I realized that my Yin Yoga practice is a way of practicing MINIMALISM in my body.

The reason is because when I put myself in a Yin Yoga pose to stretch or “stress” a certain part of my body, I use the minutes I spend in that pose to let go of excess holding and gripping that I unconsciously accumulate in my body so that my body can slooooooowly release into gravity.

The other reason it feels like a minimalism in my body is because when I am in a Yin Yoga pose and release the NEED to feel strong and obvious sensations I get when I pull myself into a stretch in a YANG (muscular) way, I get to enjoy the more simple and subtle sensations that arise as I just watch what happens as I take each easy breath while I am in the pose.

Oh, and speaking of simple and subtle sensations… the feeling when I come out of the pose, which my teacher Paul Grilley calls “the rebound” and I sometimes call “the aftertaste” … it is the MOST subtle yet magical sensations that are changing moment to moment and cannot be described in words. The total opposite of the overstimulating sensations you get when you are doing a very muscular movement or exercise.

I was born with a naturally flexible body (thank you mom and dad) and I admit that strengthening my body balances out all the flexibility I have.

10269361_10203417642058776_4489878696682857899_n

Some people see how flexible my body is and ask me “do you even need to stretch more when you are already flexible?”

When I used to stretch my body only in a more of a YANG (muscular) way by pulling myself into certain stretches I feel like I was more numb to these subtle sensations that I am more sensitive to now.

Five years ago I went to my first Yin Yoga teacher training with Paul and Suzee Grilley. I remember we were in Saddle Pose to stretch the quadriceps and Paul walked up to me and asked, “Is this the best way for you to stretch your quadriceps?”

Up until that moment, I had never practiced in a way of letting the sensations of my body be the leader to create my own unique Yoga pose to get the function of stretching certain parts of my body.

I had always created a shape that looks like a certain Yoga pose and made sure I was doing it “correctly” and because of my natural flexibility I could do a lot of these Yoga poses that required a lot of flexibility.

Now I allow my Yoga practice to be a way to connect to all these different colorful sensations that are present in my body and it has made my love for Yoga Asana practice even greater. It truly feels like a communication with my body when I am making sure I am listening to the feedback that my body is sending me as I move or hold myself in a Yoga pose.

And becoming more sensitive to these different sensations in my body that ONLY I could feel, I can say, YES even if I was born with a flexible body I do need to stretch every day because I can feel where and how I am getting tighter in certain parts of my body, and I’ve also noticed my “holding patterns” in my body from being still and passive with my Yin practice.

My habitual place to grip and hold is in my neck, jaw, and skull and when I practice relaxing these areas it feels like it relaxes my whole body. I jokingly say it is “natural botox” when I practice letting go of all the fascial expressions I make in my daily life.

In this day and age when we are always wanting MORE and MORE, which includes body sensations too… STRONGER body, MORE flexible body, IMPRESSIVE looking Yoga poses, being passive in a Yin Yoga pose and just practicing relaxing and being still for minutes at a time might seem boring and a waste of time to some people…

But just the way getting rid of excess stuff in my house allows me to feel clear and appreciate what I cherish, I love my Yin Yoga practice because it allows me the time to practice feeling what it feels like to live in my own body without having to DO MORE, and to be comfortable being with my own body and my own thoughts.

This is my own unique experience that I feel in my own unique body that I have in this life time.

I will be co-leading a retreat this September and teaching Yin Yoga in the evenings. Click here for more information and to sign up → Retreat Website

 

 

裸の人からシャツを借りないように

この前お母さんがうちに遊びに来たときに「一人でこの家は大きいよね。寂しくないの?」と聞かれたとき即座に「全然寂しくないよ」と答えた。

んが、「寂しいときはたくさんあるけど寂しくない練習をしてきて今となっては一人の時間を大分楽しむようになった」というのが正直な答え。

夫も子供もいなくて家に一人だと本当に「自分のため」にご飯を作ったり家を掃除したりする。

YOGA ASANAのプラテクィスも一緒でクラスで先生の指導のもとではなくて家で一人でプラクティスすると本当に「自分のため」のプラクティスになる。

一人の時間が多いと自分の頭の中の「独り言」もすごく気づく。そして自分に対するnegativeな言葉に気づくと変えるようにしている。

「私って一人で寂しい人だ〜」って思う自分の頭の中の声に気付いたら「やった、一人だから自分のために自分が食べたい美味しいもの作って食べよう!」という声に変えたり、ゆっくり自分の体の声を聞くintentionでYOGA ASANAプラクティスをしたり、瞑想をする時間を持ったりすると自分への愛情を注いでいるような感じがする。

人と話しているときも「私バカだから」とか「どうしようもないから」みたいな言い方も言わないようにするだけでも全然違う。

こんな風に自分に愛情を注いだのは生まれて初めてなような気がする。

この前本を読んでいるときにこのQUOTEが紹介されていてすごく印象に残っている。

I-don-t-trust-people-who-don-t-love-themselves-and

「裸の人がシャツを貸してくれようとしたときは注意しろ」
自分のことも愛せない人は他の人を愛することができないから気をつけろ、といような意味。

今になって考えれば前は自分に愛情を与えてない分もヒロに愛情を求めていたし、まさに「裸の自分がヒロにシャツを渡そうとしてた」んだなぁ〜と気付かされた。

最近よく周りの人に「新しく彼氏とかつくらないの?」と聞かれるんだけど今は自分が自分の恋人なのだ!あとは犬が最高の恋人!あとはもちろん家族と友達がいれば I AM HAPPY 😆

mybf

ヨガ・英語の家庭教師でございます👓

はっきり言って私は小さいときから勉強が嫌いだった。もちろん学校に行って授業を受けてはいたけど家に帰ってから一人で勉強したり宿題を一生懸命した覚えってあまり無い。「いつかは日本に引っ越すんだから!」という脅しのような言葉をいつも両親に言われていたけど、一切危機感無く、せっかく日本語の家庭教師までつけてくれたのに途中で寝たりして全く勉強した覚えが無い。

そんな私が「ヨガ・英語の家庭教師」という名前を自分につけるのは自分でも笑っちゃうんだけど😆 数年前からこのアイデアが頭の中でフツフツと煮始めていてやっと行動に出てみようと思った。

まずこのアイデアが浮かんだ理由は私が住んでいるトーランスというロサンゼルス近郊は日本人が多い。日本から駐在で数年しか住まない人や家族がいれば、半永久的に住んでいる人もいる。日本人が多いからもちろん日本食レストランやマーケット、日本人のお医者さんや学校もあって日本語だけで生活しようと思えばすることができる。

それは決して悪いことじゃないんだけど、せっかく一度しかない今回の人生アメリカに住んでいるなら英語を聞いて話して、アメリカ文化に触れる機会を増やしたほうが人生もっとRICHになるんじゃないかなぁ〜〜〜と私は勝手に思うのだ。

ロサンゼルスはアメリカの中でもヨガメッカだから色んなヨガクラスやヨガイベント、ヨガティーチャーがいる。ヨガポーズを教えるときのヨガ英語は繰り返されることが多いからその「ヨガ英語」を勉強してクラスに行けばどんどん聞き取れるようになって楽しいし、ヨガクラスで出会った人とお話したりすることによって日本人のアメリカ生活が豊かになればいいなぁ〜と思う。(ボーナス効果として違う言語を習うのはボケ防止に最高らしい👍 )

それとはまた別に、「ヨガ」というと「グループヨガクラスを受けにいってヨガポーズをして汗をかいたりストレッチする」というイメージが多いけど、それは「ヨガ」という名前のケーキがあったら一切れか二切れにしか過ぎない。

ヨガのプラクティスを本当に自分の人生の一部にするには自分のユニークな体や自分の人生のニーズや必要性に合わせてCUSTOMIZEし、自分でプラクティスするのが本当に大切だと私は痛感している。自分のINNER TEACHER(自分の内にいる先生)にコネクトするのが大切だからだ。

家で勉強や宿題をしなかった幼い頃の私と一緒で多くの人が自分一人でヨガのプラクティスをすることはない。ヨガマットの上で体を動かすヨガプラクティスであろうと、瞑想や呼吸法だろうと、日常生活での自分観察や行動であろうと、自分でプラクティスするのが最初は難しいかもしれないけど効果的でREWARDINGなのだ。

そこで「ヨガ家庭教師」である私がどのようなプラクティスをすればいいのか一緒に相談しながら勉強し、教え、「ヨガ宿題」を持って帰るようなシステムにしたいと思っている。

そこでこの私の考えている「ヨガ・英語家庭教師」とはどういうものなのか?をデザートを食べてお茶を飲みながら気軽に聞きにくる説明会を6月24日(土曜日)午後3時〜4時までトーランスの我が家で行おうと思っているので少しでも興味がある人は来てください!

参加希望の人は私にE-mail してくれれば (yvee118@gmail.com)住所を教えます。この前ブログの記事に書いた世界一美味しいチーズケーキ作って待ってます❤︎

IMG_2624

 

 

あしゅたんG

私がやっているdog sittingビジネスは、実際犬を預かる前に”meet and greet”といって犬そして飼い主とのお見合いみたいなのをして相性が合いそうか判断する。

この前あまり犬の扱い方が分かっていないような男性がすっご〜くかわいい子犬をつれてきて「最近離婚して寂しいから犬を初めて飼った」と言っていた。

それを聞いて私はこの前読んだHABITSについての本に書いてあったことを思い出した。人間は結婚、子供が産まれる、離婚、家族や友人の死、病気、引っ越しなどのsiginificant eventがあったあとはHABITSが変わるということ。

ヒロは私と別れてから毎朝ヨガスタジオに通ってMysoreスタイルのアシュタンガヨガをプラクティスしている。このヨガは決まったシークエンスを覚え、先生の指導のもと自分で自分の呼吸に合わせてプラクティスする。朝の6時〜8時の間だったらいつでもクラスに行って自分でプラクティスをし、終わったら勝手に帰るというクラス。

アシュタンガヨガは多くの人がプラクティスするVINYASAフローヨガの元となっているもので、最初から最後までシークエンスをしたらかなり体力を使うハードなヨガ。でも自分の呼吸に合わせてやるし、先生もほぼ話すこともないので静かな部屋で行う集中力を養うようなヨガだ。

ヒロは毎朝会社に行く前にアシュタンガヨガをプラクティスし、スタジオから会社に向かっているので夜はいつも早く寝ているそうだ。

私とヒロがまだ一緒に暮らしていたらヒロは絶対にアシュタンガヨガに毎朝行くなんてことはなかったと思う。「一人で暮らすようになって何か自分で自分のことが好きになるようなことがしたいから」とヒロは言っている。

そう考えると私のHABITSは何が変わったのかなぁ〜と考えさせられる。間違いないのは一人になってなかったらこんなdog sittingビジネスなんて始めてない。毎日犬の散歩をし、犬の面倒をみるのは私の仕事であると同時にJOYをたくさん頂ける時間だ。これは嬉しい変化だ。

でも夜は遅くまで起きているようになったし、そのせいで朝も余裕の時間があまり無い生活が私はつづいている。。。。私もこのHABITは是非変えたい。変えられる。変える!

IMG_2288
私の大好きな犬のうちの一匹Hobieと。

 

 

SLO life

This past weekend I drove up to the Central Coast to spend some time with my dear friend Stacie. We became friends through Yoga and will be co-leading a Yoga retreat at a beautiful location called Oak Creek Lodge in Santa Margarita, CA this September.

poolhouse-at-night-pic5
Yoga room overlooking the pool at the Oak Creek Lodge
I love driving up to the Central Coast. As the bigger than necessary ads start to disappear, and buildings get smaller and fewer, and crazy traffic starts to die down, the sky and land starts to open up. I can feel a sense of relaxation start to sink into my eyes and my body.

If I could find a way to live on a mini ranch with horses and dogs and cats, build a Yoga barn and have classes like “Yoga for farmers” and enjoy a SLOW LIFE I would be very happy. I am a “slow-pace” kind of person. I eat slow (to the point where I annoy people), I process information slow, I even love my Yoga practice sloooow.

Anyways, the reason for going up to the Central Coast was “strictly business”.

My dream job is to be a professional massage receiver so Stacie had me receive a massage to make sure the massage therapist was good for our retreat attendees. We also went to the local winery to confirm they had good wine, and the local bakery had delicious pastries and cupcakes. Like I said, strictly business.

IMG_2346
Stacie and I looking like a couple at Ancient Peaks Winery

18556939_1349796931779017_2962102341526051863_n
I knew this place called Just Baked Bakery will be yummy as soon as I walked in
I spent the night at Stacie and her husband’s beautiful home close from our retreat location. They made delicious dinner and we drank wine listening to great music in their patio overlooking this beautiful view.

IMG_2339

Just one night of SLO life and I felt like I went on my own mini retreat feeling relaxed and rejuvenated. If you want to join us for our three night Yoga retreat please click here for information and to sign up →  http://hamayareeveyoga.com/

↓ A song I love called “Slow Life” by Chris Pierce

スローライフしない?

先週末は友人Stacieの家に泊りに行った。ヨガを通して友人になった彼女が住む家の近くで今年の9月にリトリートを行う。リトリートの詳細や申し込みはここで!→ ヨガリトリートのウェブサイト

カリフォルニアのセントラル・コーストとよばれているこの付近はの〜んびりしていてロサンゼルスから運転しながら北上していると車の多さや建物や広告がどんどん減っていき、広〜い野原やワイン畑が見えてきて目も心も癒される。大大大好きな運転コースだ。

私は都会よりもこういう田舎でのんびりとSLOW LIFEを楽しみたいと思う。問題は仕事があまりないことだけど、私の「夢の暮らし」は田舎のRANCHで馬に乗ってたくさん動物を飼って、ヨガ小屋みたいなのを建ててそこで畑仕事をしている人たち用にヨガを教えたりできたら最高!!と思う。

さて、今回友人の家まで行ったのはあくまでも「仕事」😁

ヨガリトリート参加者たちでマッサージを受けたい人がいるかもしれないので良いマッサージ師であることを確認するためにマッサージを私が実際に受けたり、リトリートのすぐ近くにあるワイナリーで美味しいワインを飲んだり、ベイカリーで大好きなカップケーキを食べたり。。。そう、仕事です。

18556939_1349796931779017_2962102341526051863_n
入った瞬間美味しい!って分かったJust Bakedベイカリー
IMG_2346
Ancient Peaks Wineryにて。カップルみたいな私たち

たった一泊ではあったがStacieの素敵な家で夕焼けを見ながらワインを飲み、素敵なダンナ様が美味しい夕食を作ってくれ、夜中過ぎまで静かなベランダで音楽を聞きながらワインを飲み続けたのだ。

IMG_2339
Stacie の家のベランダ。向こう側はゴルフコース

一泊だけでもこういうスローライフを楽しむと心が穏やかになって帰って来れるような気がする。9月に3泊のスローライフを楽しむためにヨガリトリート参加しませんか???

↓ これは私が大好きな “SLOW LIFE”という曲。

女性パワー

私の母は25歳で父の転勤先であるロサンゼルスに引っ越して私を産んだ。姉はそのとき2歳。日本人サラリーマンである父はアメリカに来ても朝から晩まで仕事したり出張したりで家にいる時間が少なかった。

私がまだ生まれて間もないときにも父がお客さんを何度も家に連れてくるとお母さんはご飯を作ったり、私が小学校に入ると英語もあまり話せないのに学校でボランティアしてくれたり、Mustangスポーツカーに乗ってテニスやそろばんやピアノと習い事に送り迎えをしてくれた。

FullSizeRender

母は「キャリア」という意味での仕事はしていない。大学卒業してすぐ結婚し、ずっと「専業主婦」として子育てをし、お父さんの仕事のサポートをしてきた。

ロサンゼルス → 東京 → オーストラリア → 東京 → ロサンゼルス → 東京 → オハイオ → 東京 → ドイツ → 東京 → 岡山

結婚してからあちこち転勤をつづけた父が行く場所に全てついていき、美味しいもの食べるのが大大大好きな父の健康を気遣って常にヘルシーで美味しい手料理を作り続けている。

母が素晴らしいと思うのは父の転勤先についていくだけじゃなくて住んだその地をかなり満喫する。オハイオに行けばたくさんアメリカ人の友人を作ってゴルフをし、ドイツに行けばドイツ語を勉強してまたたくさんの友人を作りあちこちに出かけていた。

「お金儲け」はしていないかもしれないけど「お金儲け」をしている父をしっかり、そして楽しくサポートしている専業主婦である母は JUST AS IMPORTANTだ。

料理、洗濯、掃除、子育て全部している女性はすごく大切そして大変な仕事をしている。だから「ただの専業主婦」という言い方は好きじゃない。自信を持って言うことだと思う。

しかも最近多くの女性は家のこと+子育て+キャリアというコンビネーションが多い。その上に自分の趣味やセルフケアのこともしている人も多く「どうやってそんなにやれるんだろう?」と私は不思議に思ってしまう。女性はすごい!!

未だに心配をかけているとはいえ、子育てを終えた母はまだ毎日父に美味しいご飯を作ったり家の掃除をしながら色んなチャレンジをつづけている。ヨガに行き、中国語や日本舞踊を習い、今度は外国人に日本語を教える勉強を始めるらしい。

私のおばあちゃんが若かったようなひと昔前の「女性はうしろで控えめに」という時代と今では女性の活躍の仕方や考え方が大分変わったけれど、これからもどんどん変わっていく。女性であることに自信を持ちつつ、女性であることによってtake advantageされないような強い女性をリスペクトするし、私もそうなりたい。

家のことや子育てをしながらもキャリアを持っている女性が増えているなら、仕事をしながらも家のことや子育てをする男性がどんどん増えていくのがバランス的にはmake senseだよね。

遅ればせながら世の母たちに “Happy Mother’s Day❤︎”

ユニークな私

ちょうど5年前の今頃Paul and Suzee Grilleyの陰ヨガティーチャートレーニングに初めて参加した。トレーニングが行われる場所までの6時間ドライブも初めてだったし、2週間半泊まり込みでのトレーニングも初めてだったし、DVDでしか見たことないPaulとSuzeeに会うのももちろん初めて。

英語で誰々が down to earthだと言うと「ツンとした感じが一切なく親しみやすい」という意味だけど、PaulとSuzeeはまさに down to earthな2人。40人ほどいる生徒たちの名前を初日から覚えていてユーモアたっぷりで教えながらもPaulの頭の良さとレクチャーの素晴らしさに感動した。そしてそれ以来この2人のトレーニングに行き続けていて今年もまた8月に参加しに行くのがすっごく楽しみだ。

540309_4002786265088_676981178_n

Paul and Suzeeに学んだ貴重な情報はたくさんたくさんあるけど、そのなかでも特に貴重であるのは全ての人間、全ての体の骨格や組織はそれぞれユニークであるということ。

5年前初めてポールの陰ヨガクラスを受けているとき、軟体動物系である私がヨガポーズをしているところに寄ってきて “Is that the best way for you to stretch your quadriceps?” 「大腿四頭筋をストレッチするのにあなたにはその形が一番いい形なの?」と聞いてきた。

それまでは先生に言われた通りにポーズをしたり、「正確なアライメント」を大切にヨガポーズをプラクティスしていて自分のためだけのユニークなヨガポーズをある意味 creative に作り上げることなんて考えたこともなかったからポールの質問が新鮮だった。

自分の体をストレッチしようとしているんだから他の人が指示した通りにポーズをしてもその形は私にとって最適な形じゃないかもしれない。自分にとっての最適な「ポーズ」は自分にしか分からない。だってヨガポーズを外から見ることはできても中から感じることができるのは本人にしかできないことだから。

人間全員指紋が違うのと同じように体が全く一緒な人間なんて一人もいない。

「あの人と同じように」とか「正確にやらなきゃ」というヨガポーズではなく、世界に一人ひとつしかない自分そして自分の体を大切に祝うような気持ちでプラクティスすることをPaulとSuzeeは教えてくれた。

体だけじゃない。私たち一人それぞれユニークなgiftを持って生まれてきている。だからそのユニークさを祝うような人生を送っていけるようにしたいと思う。

Cheers to your unique self !!

変えたい癖は変えることができる

IMG_1994

5月に入りデトックス終了!WOOOOHOOOOOoooooooo!!

最近 “The Power of Habit” という本を読んだ。リサーチによると日常生活で行っている行動の約半分はその時の判断やチョイスではなく、繰り返し繰り返し行うことによって何も考えずに行う習慣や癖になっているらしい。

IMG_1949

私はよくヨガを教えたあとに気づくとスタバでラテを買っていることが多々あった。しかも注文するときも”tall soy chai no water”と自動的に言葉を発している。特に「飲みたい!」と思ってないかもしれないのにある意味これが癖になってしまっていた。心のどこかで「お金使いすぎるしゴミになるし」と買いたくない気持ちがあるのに気づくと車がスタバの駐車場にいる。コンピュータを眺め始めると口寂しくなってスナックを食べまくっている。

こういう無意識な癖を変えたい、というのが今回の長期デトックスの目標だった。デトックス完了した今の感想としては大分効果があったと思う。ふと「ラテ買いたい」とか「菓子パン食べたい」という考えが頭をよぎるけどそれに気づいて本当に飲みたいのか食べたいのかそこでconscious choiceをすることができるようになったと思う。

別にこれからは一切ラテや菓子パンなどを禁止するつもりはないけど「癖」で食べたり飲んだりしたくはない。バランス良く飲み食べし、飲み食べしたときは罪悪感なく美味しく味わいたい😋

嬉しいのはデトックスのおかげで節約になったし、家で作るシンプルご飯がとっても美味しく感じて「外食したい」という気持ちが前よりも全然減った。

が。。。

今週の土曜日にはmy favorite 寿司レストランに予約が入っています。WOOOOOOOHOOOOOOOooooooo!!

 

世界一美味しいチーズケーキ❤︎

本日デトックス23日目。。。マフィンが食べたい。

でも今日はチーズケーキの話をしたい。

私はうちでパーティーをするときや人の家にお呼ばれされてデザートを作るとき、必ずと言ってもいいくらい作るチーズケーキがある。何度も何度も作ったことのあるこのチーズケーキはめっちゃくちゃ美味しいのだ。一人でホールケーキを食べてしまうくらい美味しいのだ。

このチーズケーキを作る度に引っ張り出す手書きのレシピ。

FullSizeRender 2

私が25歳のときに日本から両親の住んでいるオハイオ州に引っ越し1年だけ住んでいるときに「私の親友」と呼ぶくらい仲良くしていた和子さんという女性がいた。

父よりも年上で未亡人。子供2人も遠くに住んでいるから私はしょっちゅう和子さんの家に遊びに行ってはおしゃべりしたり一緒に犬の散歩をしたり和子さんが作ってくれたご飯を食べたりした。このチーズケーキを和子さんが初めて作ってくれたとき私はあまりの美味しさにおったまげ、それ以来 my favorite dessertになった。

和子さんは何度も何度もこのチーズケーキを私の為に作ってくれ、私がロサンゼルスに引っ越すと決めた時ついに作り方を教えてくれて手書きのレシピをくれた。

FullSizeRender 3FullSizeRender 4

2003年に私がヒロと結婚したときにはオハイオから式に出席しにきてくれて、なんとオハイオから手作りのチーズケーキを持ってきてくれた。

和子さんは3年ほど前に25年以上住んでいたアメリカから神戸に引っ越した。もともと体が弱かったんだけど最近大分悪化し、入院しているからこの前私が日本に行っているとき病院までお見舞いに行こうと思っていたらその日が結局和子さんのお葬式に出席する日となった。

“no such thing as a coincidence” だから私のオハイオ時代の親友である和子さんのお葬式に出席できたのは今回私は日本に行くべきだったんだな、と自分がいるべきところにいるんだと確信した。

4月いっぱいでデトックスが終了したら和子さんのことを想いながらチーズケーキを作って美味しく食べようと思う。Love you 和子さん❤︎