ミニマリズムに影響されて

Netflixで「ミニマリズム」というドキュメンタリーを見た。

maxresdefault

大企業で働いてたくさんお金を稼ぎ、良いモノをたくさん集め、いわゆる世間一般で言う「成功」をしたのに「幸せ」を感じることができなかった JoshuaとRyanという男性2人を中心に「本当に大切なモノは何か」を考えさせらえるドキュメンタリー。

彼ら2人は高収入の仕事を辞め、「ミニマリズム」をpromoteするために小さなバッグひとつに持ち物を入れて全国をツアーする。

どんどんモノが増え、モノに埋もれている今の時代、実際私たちはもっとハッピーになっているのか?モノを買うために、良いライフスタイルをするために本当に大切な経験やコネクションを失ってしまっているのじゃないか?という問いかけをし、考えさせらる。

この2人が全国ツアーをしているときに数名しか彼らのトークを聞きに来てくれなかったとしてもpassionを持って話し、参加者をhugし、正直な笑顔を見せる彼らがとっても素敵に見えた。

モノだけじゃなくて「過度の刺激」が多い今の世の中では “less is more”が必要なプラクティスであり、私はこのドキュメンタリーを見て「陰ヨガは体のミニマリズム」だな、と思った。

ヨガASANAをプラクティスしているときも「過度の刺激」を求めることがある。強いストレッッチの感覚を求めたり、だらだら汗をかくことを求めたり、音楽がないと物足りなかったり。

陰ヨガでは脱力することによってストレッチするから多くの場合筋力を使ったときのような「強い刺激」ではないことが多い。不思議と脱力すればするほどストレッチの刺激感覚が強くなることはあるけれども、逆に脱力すればするほど刺激感覚が弱くなっていくような感覚があるときもある。

ミニマリズムで余計なものを減らしていくのと一緒で陰ヨガでは余計な力を少しずつ減らしていく。だから私はこのドキュメンタリーを見て「陰ヨガは体のミニマリズムだ!」と更に共感した。

今月私はミニマリズムチャレンジを姉と一緒にしている。それは今月毎日ものをどんどん減らしていくこと。6月1日だったら1個、6日だったら6個、今日は12日だから12個、最後の30日は30個、とどんどん減らすものが増えていくのだ。

minimalist
12日に減らした12個のモノ

ちょっと前にコンマリに影響されて大分ものを減らしたから「これ以上減らすモノなんてない!」と思ったけど意外とあるものだ。。。

まだ12日目だけど気付いたのは「ギフト」について。人からモノをもらったり、モノをあげたり。本当にその人が必要なものならあげたいけど結局ゴミになったり、「捨てたら悪いな」と思って家の中のごちゃごちゃのひとつになるようなモノだったらあげたりするのは止めたいと思う。

その人が使うならソープやキャンドルなどの消耗品だったり食べるものがいいいのでは?あとはこのミニマリズムのブログに書いてあった通り (ミニマリストブログ)モノの代わりにexperiences (経験)をギフトするのはどうだろうか?コンサートやミュージカルのチケットだったり、一緒にご飯を食べに行ったり、美術館に行ったり、携帯を一切見ずに語る時間を持ったり、などなど。。。

私はこれからは人にマッサージをギフトするようにしようかなぁと思う。いかが?

Advertisements

記憶喪失から目を覚まそう

wake-up-and-live-your-life

 

Hiroが受けるYogaworksでのヨガティーチャートレーニングがついに今日始まった。

今日提出するための宿題を彼は今朝キッチンでパチパチとコンピュータに打ち込んでいた。最初の宿題は、何も調べずに自分の意見でヨガとは何か説明して下さいというもの。

私がティーチャートレーニングを受けたときも同じ宿題だったから懐かしい〜と思いながら、私が「ヨガとは。。。」という説明がたくさんあるなかでも特に好きな説明を思い出した。

Donna FarhiのYoga Mind, Body & Spiritという本に書いてある説明が以下:

“Yoga is a technology for arriving in this present moment. It is a means of waking up from our spiritual amnesia, so that we can remember all that we already know. It is a way of remembering our true nature, which is essentially joyful and peaceful.”

「ヨガとは自分が今この瞬間をフルに味わうためのもの。スピリチュアルな記憶喪失から目を覚まし、実は楽しくて平穏な自分が本来の自分(本質)だということを思い出すためのものがヨガ。」

というのが私の勝手な訳。既に奥にjoyful and peacefulな本質が潜んでいるんだから、その本質を覆ってしまっているものをひとつずつ剥がしていくのがヨガなんだなってこの説明を読んで思った。

本質を覆っているものや覆われている深さは人それぞれだろうけど、産まれてきてから人生で経験してきたこと、家族環境、生活環境で学ぶjudgmentやトラウマや思い込みが実は自分をハッピーで平穏な自分から遠ざけていることがある。

だから実は人生でLEARN (学ぶ)のではなくてUNLEARN(学びを忘れる)のが大切なこともたくさんあるんだろう、と思う。

私がUNLEARNしていることのひとつは心配。私の母が心配症だから母から学んだのか分からないけど前は結構心配性で「〜〜だったらどうしよう」と心配しても一切意味のない心配を昔はよくしてた。

ここ数年これをUNLEARNしているおかげで最近は大分心配性じゃなくなった。そして心配しなくなったおかげで昔だったら先のことを考えて心配している時間をTHE PRESENT MOMENT (今という瞬間)を楽しむ時間として使うことができる。

少しずつ記憶喪失から目を覚まして「私はJOYFUL and PEACEFULな人なんだ」というのを思い出そう!