だれに指さす?

私が「今年中に絶対キャンプに行きたい!」と言いつづけていたら、ついに2週間ほど前の週末に行くことになった。

私もHIROも計画立てるのが好きなほうではないので、数日前になっても行く場所は決めていない状態。「どうする?」と聞くと「俺にまかせといて」と言うから思わず「え?!本当に?」とビックリと心配と喜びの気持ちになり、何も聞かないことにした。

それとは関係無い話で私は最近ある人に “Conscious Loving: The Journey to Co-Commitment” という本を薦められて読み、すごくINSPIREされていた。

その本はRELATIONSHIPについての本でこれは夫婦だけでなく、両親、同僚、友人、どんな relationshipでもapplyすることができる。と〜っても簡単な説明をするとrelationshipには Co-Dependent relationship (お互い頼り合う関係) とCo-Committed relationship (お互い責任を持つ関係)があるという。

Co-Dependent relationship はお互いがネガティブパターンを無意識に繰り返すことにより成長がほぼ無く、相手をコントロールしたり、一生懸命相手に認めてもらおうとしたり、非難されることを避けようとしたりする。この関係だと喧嘩の内容はどちらが責任があるかという勝ち負けのようなものになる。

Co-Committed relationship はお互いが自分の人生に100%責任を持ち、共に時間を過ごすことによってお互いのエネルギーとcreativityがアップする。喧嘩になったら相手は関係無く、自分がどうやってその状況を持ち起こしたのか責任を持つ。

これを読んで私はもちろん「 Co-Committed relationship がいい!!!」と思い、そこへ到達するための7ステップというのを興味津々で読んだ。。。そのなかでも印象に残った文章が、

“It is much easier to point the finger away from rather than toward yourself.”

というシンプルなものだった。

さて、キャンプへ出発!!!とルンルン気分で当日の朝出かけ、HIROに指示するのが好きな私は「今回の旅ではお互いイライラすることがあったら相手にじゃなくて自分に指をさそうね」と言った。

そしていざHIROが行こうと思っていたキャンプ場に着くと。。。週末だからいっぱいで入れない、と。「このまま海沿いを走ってれば適当にキャンプ場が出てくるでしょ」と言うHIRO。私はのんびりしてられないと思い、携帯で近くにどんなキャンプ場があるか調べだした。2カ所くらい行ってみるがやはりいっぱい。。。また違うところにHIROが入って行くからキャンプ場チェックかと思いきや波チェックだった。。。

私の中でふつふつとイライラが無意識にでてきた。

そのイライラを素早く感じたHIROは「Yveeイライラしてる?」と聞かれ、その時はっ!!!!と「自分であんな偉そうなこと言っておいて無意識にHIROのほうを指さしてイライラしていた」と気づいた。

自分に指をさし、一体私は今のこの状況をどうやってつくりあげているのだろうと思ったら勝手に自分でイライラしていることに気づいた。最高の天気で最高の景色で、キャンプするのも大切な目標だけどそれよりも大切なのはHIROと「今」楽しい時間を過ごすことなんだと思ったらイライラがす〜〜〜っとひいていった。

ドライブを楽しみながらキャンプ場をまた探すと大きな池の真横に周りに誰もいない静かなキャンプサイトが見つかった。テントを張って、風を避けるために車のトランクでお料理をし、ござの上で陰ヨガをして夜はキャンプファイヤー、と最高に楽しい時間を過ごした。

そして自分に指をさすことのパワーを感じた貴重な short and sweet な旅となった。

 

IMG_1196

Advertisements